So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
おでかけ ブログトップ
前の10件 | -

馬見丘陵公園 2018年1月 [おでかけ]

この日は連日の寒さから少し開放されそうだったので馬見丘陵公園に散策に行ってきました。


ほんとになにもありませんでした・・・。


s-IMG_9017.jpg


雲が綺麗でした。

s-IMG_9016.jpg




鴨はスイスイと・・・。

s-IMG_9028.jpg




水仙の花がみあたらなかったのですがようやくみつけました。白い水仙。数も少なくてしかも花芽はほとんどなくてちょっと寂しいです。

s-IMG_9029.jpg



生け垣のサザンカも少し控えめな感じ。咲きたてのサザンカかな?きいろいシベが鮮やかでした。

s-IMG_9033.jpg

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

大阪港ものがたり その2 [おでかけ]

今回は地下鉄大阪港駅からの案内で歩きました。
まず、訪れたのが築港高野山釈迦院
弘法大師が唐に向けて船出したとされる千船橋東側一帯に重松寛勝が明治43年に開基。
しかし大阪大空襲で全焼、戦後に本堂を再建するものの、阪神淡路大震災で倒壊寸前になったので解体して平成12年に再建されたそうです。
このあたり震災の被害が大きかったのですね。



page171203a.jpg



当時は広大な寺域で「東の四天王寺、西の築港高野山」といわれるほど参詣者が多かったそうです。


s-IMG_8901.jpg




重松寛勝に明治の大浪曲師、二代目廣澤寅吉が弟子入りした縁で昭和6年に浪曲塔が建立されたそうです。

s-IMG_8899.jpg


(大阪市港区役所発行パンフレット、大阪あそ歩パンフレットより抜粋)



港住吉神社  住吉大社の末社だそうです。

page171203b.jpg

神社の前にある公園のイチョウの木が綺麗でした。





赤レンガ倉庫。住友倉庫から大阪市に移管され耐震的に問題があったために非公開だったそうですが耐震工事も終わり現在はクラシックカー美術館(ショールームも兼ねてるみたいです。)となっています。


s-IMG_8919.jpg



s-IMG_8921.jpg



住友のマークがかすかに見えます。

s-IMG_8925.jpg




駐車場に停めてあった車。こちらも売り物なんでしょうね。

s-IMG_8923.jpg







倉庫の隣にはこんな広々としたスペースがありました。なにかイベント会場にもなりそうですが交通の便がイマイチかもしれません。ちょっともったいないです。

s-IMG_8929.jpg


そこからの眺め。これは海につながる川みたいです。

s-IMG_8933.jpg






天満屋ビル。レトロビルでいい味です。

s-IMG_8957.jpg



s-IMG_8962.jpg





中央突堤。ダイヤモンドポイントと命名されているそうです。 美しい夕日が見られるポイント。

s-IMG_8975.jpg



s-IMG_8968.jpg



s-IMG_8977.jpg



sl-IMG_8970.jpg





海遊館や大阪文化館(旧サントリーミュージアム)の裏側。

s-IMG_8979.jpg



s-IMG_8985.jpg




天保山公園

s-IMG_8989.jpg


土砂を取り去る工事をしてその土砂で作った築山ということです。現在は日本で2番目に低い山、ただし、日本一メジャーな低山ということらしいです。

s-IMG_9002.jpg



s-IMG_9003.jpg


この公園内には功労者の西村捨三の銅像もありました。(余談ですが天王寺公園内にも銅像があったりしますがあんまり知名度がなかったりします。)

他にもポイントはあったのですが割愛しました。



大阪港ものがたりはこれで終わりです。 天保山付近はサントリーミュージアムがあった頃よく来ましたがあんまり散策もしませんでした。今回こうして回ることができてよかったです。

大阪市内なのに少し遠いイメージがあります。また夕日が眺められたらいいな、と思いました。


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

神戸のギャラリーへ [おでかけ]

大阪港ものがたりの続きがあるのですがその前に・・・。


今日は神戸のギャラリーに行ってきました。友人の友人の編み物の作品展と友人が属する織物のグループ作品展がちょうど重なってあったのでこれ幸いと2軒行ってきました。



むくもとみすずさんの編み物の作品展です。こちらは今日で終わってしまいましたがタペストリーや村上華岳に刺激を受けて編まれたセーターは圧巻でした。

コンクールなどで受賞もされているそうです。


大人の作品だけでなくベビー、子ども服の作品もあってなごんできました。


171206m.jpg


================================



こちらは今日から始まったギャラリー北野坂でのSpinning Wheelのメンバーによる作品展。手紡ぎの糸から織られた作品です。

171206k.jpg


糸にこだわっておられるだけに風合いが独特です。買いたくなる作品もありましたが我慢我慢です。私には高価ですけれど手織りでこのお値段はお安いかもしれません。なにせ一点物ですからね。


爽やかな空間でした。

創作するっていいですね。刺激を受けて帰ってきましたが、はたして私には何ができるのでしょうか?

人それぞれの楽しみ方でいいとは思うのですがちょっと打ちのめされた感もあります。



北野坂。神戸の坂はきついですね。こんな写真でも勾配がわかりますね。山も近いです。

s-20171206_133043.jpg




////////////////////////////////////////////



帰りに梅田で寄った「リサ・ラーソン展」

s-20171206_145812.jpg


おなじみの猫ちゃん。

s-20171206_145921.jpg



nice!(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪港ものがたり その1 [おでかけ]

大阪港が開港して150年だそうです。大阪市でもパンフレットを作って地下鉄の駅などに置いてありましたがさほど話題にもなってないのが残念です。 ただその理由もちょっとわかったような気がしなくもないです。それが今回の大阪あそ歩の町歩きに参加してです。


今回は川口エリア、居留地があった場所です。居留地の存在を知ったのは近代建築の講演を聞いたりしていると大阪府庁舎跡が今の阿波座にあったことやその近くに川口居留地があったことなどが話題になってたからです。

神戸の居留地は三宮の繁華街にありハイセンスな建物も残っていて知る人は多いですが川口居留地についてはほとんど知られていないのではないかと思います。
私も知りませんでした。
前置きが長くなりました。
地下鉄阿波座駅近くに「大阪府立江之子島文化芸術創造センター」があります。この辺りに府庁があったそうです。この建物は新しく建てた物ではなくて府庁の分館みたいな建物を再利用しているそうです。側面もアールですね。中の階段も確かに歴史を感じます。


page171112a.jpg



江之子島文化芸術創造センターの前にある建物、というか民家ですが以前来たときに気になっていたのです。当時の官舎なんだそうです。こういう官舎がずらりと並んでいたそうでこの1軒だけが残っているんだそうです。

s-IMG_8541.jpg




s-171112a.jpg 「大阪港ものがたり」パンフレットより




しばらく歩くと木津川橋にきます。昔は往来も激しかったようです。

page171112b.jpg





雑喉場橋跡の碑、魚市場跡の碑など。

page171112c.jpg



s-IMG_8553.jpg




阿波座駅から少し離れますがひっそりと大阪市庁跡の碑があります。

s-IMG_8548.jpg





時代は変わりますが宮本輝の著書「泥の河」の碑があるのを知りました。このあたりが小説の舞台なんだそうです。

page171112d.jpg






昭和橋を渡ると倉庫街です。住友倉庫の建物がそびえていて象徴的でした。

s-IMG_8574.jpg





安治川橋の碑 可動橋だったそうです。

s-IMG_8575.jpg






s-IMG_8578.jpg

大坂船手会所・・・官船管理、民間商船検査を業務 船蔵、船屋敷並ぶ。 廃止後は神戸海運操練所に移管される。(大阪あそ歩パンフレットより)




いろいろ碑が建てられているのですが建物として残っているものがなく実感がないです。かろうじて残っているのがこういう建物です。


s-IMG_8581.jpg





s-171112b.jpg 「大阪港ものがたり」パンフレットより






s-IMG_8605.jpg





煉瓦建ての川口教会 

s-IMG_8595.jpg



s-IMG_8591.jpg




この教会も淡路阪神大震災で被災して塔の上の方が壊れたそうです。取り壊しも検討されたそうですが全国的な応援があって再建されたそうです。

壁の色が少し違うのがわかります。

s-IMG_8600.jpg






写真展も訪れたのですが「ここですか・・・。」という感じ。駅からも遠いし建物が残っていないから無理もないです。

s-IMG_8633.jpg



s-IMG_8614.jpg




最後に松島と言う地域を訪れましたがここは元遊郭があったそうでまだ今もあるんだそうです。

竹林寺には空襲で亡くなった遊女達のお墓がありました。鍵がかかっていて逃げられなかったそうです。

黒焦げのお墓もありました。空襲跡をこんなに間近に見るのは初めてなような気がします。というか教えてもらわないとわからないです。


s-IMG_8651.jpg



このほかにも回ったのですが印象に残ったものだけ載せました。

碑がたくさんあってそれを巡るポイントはたくさんあるのですが悲しいかな、川も埋められたりして当時の面影があんまり感じられないです。やはりなにかそれを感じさせるものがもっとあればいいのですが魅力に欠けるのは確かです。盛り上がらないのも納得します。ただ難しいけれど伝えていく必要性は感じました。





nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

東大寺・大仏池 [おでかけ]

奈良へ行ったのですが時間があまりないので1カ所だけ紅葉を見に行きました。東大寺の大仏池です。


s-IMG_8856.jpg南大門のところは人でいっぱいです。



s-IMG_8857.jpg




東大寺南大門の鏡池

s-IMG_8861.jpg




鹿もいます。

s-IMG_8860.jpg






そして大仏池へ

s-IMG_8869.jpg



s-IMG_8875.jpg



鴨もいました。

s-IMG_8885.jpg




東大寺もかすかに見えます。


s-IMG_8889.jpg



木は少ないのですが紅葉と黄葉が池に映るのがいいです。以前にも一度来たことがあるのですがもう一度見たくてやってきました。そして訪れる人も少ないのです。



この日はギャラリー巡りをしてそして大仏池まで足をのばしてちょっと体力的にはハードでしたが満足の一日でした。



nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

天授庵の紅葉 [おでかけ]

南禅寺の塔頭に入るのは初めてです。境内だけでも十分楽しめたりしますのでね。


この天授庵は先々週でしたかNHKの朝の中継で放送されていてお庭が広そうで紅葉も綺麗だったので行ってみたい、と思ったのでした。 混んでるかな?とも思ったのですがライトアップは混んでるようですが昼間の情報があんまりないので行けるときに行こうと思いました。



まず入ると本堂は立ち入り禁止ですが開放されているので縁側越しのお庭の紅葉が見られて写真が撮れます。


s-IMG_8760.jpg 実際はもっと鮮やかな赤でした・・・。



次に枯山水庭園。

s-IMG_8841.jpg


s-IMG_8773.jpg



s-IMG_8770.jpg


s-IMG_8767.jpg


s-IMG_8836.jpg こんな風に座って眺められるのでいいです。




そして池泉回遊式庭園。歩く度に風景が変わり、どこから見ても見事でした。バチバチ写真を撮りました(苦笑)

ほどほどの人で立ち止まって写真も撮れたし誰もいない瞬間もあったりしてよかったです。


s-IMG_8775.jpg


s-IMG_8784.jpg


s-IMG_8785.jpg



コケもいい感じです。

s-IMG_8794.jpg


s-IMG_8797.jpg




s-IMG_8801.jpg



s-IMG_8806.jpg



s-IMG_8809.jpg



シュウメイギクがひっそりと咲いてました。

s-IMG_8766.jpg


s-IMG_8811.jpg


s-IMG_8814.jpg


s-IMG_8815.jpg


s-IMG_8819.jpg


s-IMG_8821.jpg



s-IMG_8832.jpg



心配したほど混んでなく楽しんで来ました。今年の紅葉楽しめてよかったです。




nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

南禅寺境内の紅葉 [おでかけ]

人が多いだろうに南禅寺内にある天授庵に行きたくてこの場所を選びました。まずは南禅寺境内の紅葉から・・・。



s-IMG_8719.jpg




遠くに見えるのが三門

s-IMG_8722.jpg




境内には紅葉したモミジがいっぱいでした。 

s-IMG_8729.jpg




s-IMG_8732.jpg




s-IMG_8735.jpg




s-IMG_8737.jpg




これも三門

s-IMG_8755.jpg




白壁に赤いモミジが映えます。

s-IMG_8756.jpg





水路閣。実はこれも再度見たかったものの一つです。どこから行けばいいのかわからなかったのですが歩いていたら遭遇しました。 紅葉したモミジとのコラボはちょっと難しかったです。

s-IMG_8743.jpg






上に上がれました。疎水が流れています。 ここから向こうは立ち入り禁止です。

s-IMG_8751.jpg




インクラインを小学生達が歩いている光景に出くわしました。


s-IMG_8845.jpg



思ってたよりも紅葉が綺麗で感動しました。 人が訪れるはずです。 私が乗ったバスには永観堂へ行く人ばかりでした。永観堂と天授庵とどちらに行こうかと迷って拝観料で決めました、というのは冗談ですが・・・(笑) 天授庵は先週NHKの朝の中継で放送されていて混んでるかな?と思ったのです。今年行かなくても、とも思いましたが映像が綺麗だったのです。来年いい時期に行けるかどうかわからないし・・・。

写真はまた後ほど。







nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

東京にて その2 [おでかけ]

安藤忠雄展で東京へ来たので少しだけあちこち回りました。


六本木ヒルズの毛利庭園。思ったより小さい庭園でした。

s-IMG_8407.jpg


s-IMG_8409.jpg



毛利庭園へ行く途中東京タワーがなんの障害物もなくクッキリ見えてちょっとびっくりしました。

s-IMG_8403.jpg



このビルはなんというビルなんでしょう? こんな風に見えるようにデザインされているんですね。東京では有名なんでしょうがこれにもびっくりしました。

s-IMG_8412.jpg



夜の東京ミッドタウンから。 奥に見えるのも東京タワーです。 本格的なイルミネーションには早くてちょっと残念でした。

s-IMG_8422.jpg




//////////////////////////////////////////////////////////




湯島天満宮へも行きました。


新幹線に乗るまでに時間調整で行きました。菊花展開催中ということもありました。都内の真ん中の下町にあるせいか三々五々人が参拝にこられてました。

s-IMG_8486.jpg

 

境内では音曲漫才?の類のミニコンサートをしてました。アコーディオンとウッドベースとボーカルの3人。中年のメンバーで昭和の名曲を次々歌っておられました。周りは人だかりで私はみていないのですが1000円札も投げいられていたそうです。

菊花展

s-IMG_8489.jpg

page171109y1.jpg

 

s-IMG_8522.jpg

 

直虎にあやかって・・・

s-IMG_8509.jpg

 

天満宮は梅ですよね。

s-IMG_8531.jpg

 

もう1カ所、行ってます。渋谷区立松濤美術館で三沢厚彦さんのアニマル達に会ってきました。後ほど載せます。

 


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

東京にて その1 [おでかけ]

安藤忠雄展で東京へ行ったついでに少しあちこち回りました。




植物園に行きたいという夫のリクエストでここに行きました。東京大学の付属植物園で研究目的なので園芸品種はほとんどありません。私は森林浴に来た感じです。

本館がかっこいいです。

s-IMG_8424.jpg

 

日本庭園

s-IMG_8440.jpg

 

旧東京医学校本館 東大医学部の前身でこちらへ移築されたそうです。

s-IMG_8445.jpg

この植物園に隣接していますが植物園を出ないと行けなかったので園内からの撮影です。この建物もかっこいいです。さすが東京大学です。今調べていたら中に入れたようでした。惜しいことをしました。

 

大銀杏

s-IMG_8429.jpg

 

この日はいいお天気でした。お月様が顔を見せていました。

s-IMG_8427.jpg


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

安藤忠雄展 挑戦 [おでかけ]



s-IMG_8397.jpg

 

東京まで行っちゃいました。

以前サントリーミュージアムで安藤忠雄展があったのですが今回は「光の教会」を再現していると聞いて行きたくなりました。大阪府茨木市にある教会ですが信者でもないのに訪れるのは迷惑な話でしょうからこういう機会でないと見ることはできないと思ったからです。

「光の教会」についてはこちらの本が詳しいです。建築関係の方がまとめておられますがドキュメンタリーな感じで素人にもわかりやすく書かれています。

光の教会―安藤忠雄の現場

光の教会―安藤忠雄の現場

  • 作者: 平松 剛
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2000/12/01
  • メディア: 単行本

 

好評でチケット購入や入館にも待ち時間があるかと心配していたのですがスムーズにチケットも買えたしすぐに入れました。館内は特に最初の方は混雑していましたが後半はほどほどな感じでした。

前回の展覧会では公的な建物が多かったように記憶しているのですが今回は個人宅の映像もあり、網羅している感じがありました。

何人かのクライアントにアンケートをされていました。

何故安藤さんに依頼したのか、経過はどうだったか、住み心地はどうか?

神戸の海の近くに建つ家はテレビでも見たことがあったのでアンケートの回答は興味深かったです。この方は工務店を経営されていてあえて安藤さんにお願いしたそうです。設計も勉強されていたそうで提示された案が不満なら修正をお願いするつもりだったそうですが想像をはるかに超えるもので手を加える余地はなかったそうです。

気になるのが住み心地です。「台風の時は大変やよ。」と安藤さんに言われていたそうで確かに大変だけれど慣れてきてそれを楽しむようになったとか。

どの方も最初は戸惑うようですが慣れてくると住み心地はいいと答えておられました。「住めば都」ではないけれどそれなりに楽しめる余地があるように思います。そしてなにより「安藤ブランド」の心的達成感みたいなものもあるような気がします。

ほんとに数多く手がけられているのに驚きます。私は知らなかったけれど大阪市内の個人宅も何軒かありました。

館内には安藤さんのエネルギッシュさが充満していました。

以前にも書いたことがあるのですが初めて安藤さんの名前を知ったのがたまたまテレビで見た「住吉の長屋」のドキュメンタリーの番組でした。恐らく途中からではあったと思うのですが何か惹きつけられて見ました。30年くらい前で建築業界では有名だったのかもしれませんが当時一般的にはほとんど知られていなかったのではないかと思います。長屋の1軒を建てかえるということ自体びっくりしました。そして部屋の移動に傘が必要というのもびっくりです。これは建ぺい率の関係であったことは後で知りましたがそれでも間に空間を作って部屋に光を取り入れるという意図があったのでしょう。コンクリートの打ちっ放しでミキサー車も入りにくい狭い道でかなり困難を極めたものだったと記憶しています。できあがった家を映像で見ていて正直とても住みにくそうでした。ずっと住み続けられるのかなぁ?と他人事ながら気になっていたのでしょう。

その後「住吉の長屋」として話題に上ることが多く建築関係の重鎮が「住み続けてくれた方に感謝しなくちゃいけない」という意味のことを言われたそうで安藤さん自身もそれは常々おっしゃってます。

困難も苦にされない感もありますし、「あきらめない」という姿勢はすごいです。

表参道ヒルズだったかなかなか住民からの賛同が得られず苦労されたそうですがとことん話し合うという姿勢で臨まれたと本で読んだことがあります。相手が根負けするのかなぁ、と思ったりもしますがどうなんでしょう(笑)

最近は古い建物の補修と保存にも力を入れておられるようです。その展示もありました。

また植物、樹木の植樹にも力を入れておられます。私達夫婦も平成桜の通り抜けには寄付をして桜が植えられてその場所には毎年ではないけれど見に行ってます。ちょうど造幣局前なので今回展示されていた上空写真にもちょっとだけ写ってました。なんだか一等地に植えられているなぁ、とほくそ笑んでいます。またこの場所は私自身の分岐点の場所に近いのでなんだか感慨深いです。

今回の「光の教会」の再現は建築申請をして建てられたと聞きました。会期が終わったらどうなるんでしょう?気になります。

ちょうど朝日新聞で安藤さんへのインタビュー記事が13回に分けて掲載されていました。それによるとこの展覧会も「光の教会」の再現も自費だそうです。今後「住吉の長屋」も再現するそうです。どこに作られるのでしょう?記念館でも作られるのでしょうか?

 

再現された光の教会は撮影可能でした。

s-IMG_8366.jpg

s-IMG_8354.jpg  常に人がいますが座席が写って人がいる方が教会らしくていいような気がしてあえてこんな写真を載せます。

s-IMG_8363.jpg

 

 

直島のインスタレーションも撮影可能でした。美しい映像でした。手を動かす安藤さん。展覧会の最初の所でもスケッチが展示されていましたが絵もお上手です。

sx-IMG_8378.jpg

直島へは行ったことがないのです。なかなか行けないなぁ・・・。

 

全然安藤さんに興味のない夫も「1500円は安いなぁ」とのたもうておりました。

見ごたえのある展覧会でした。

 

 

新国立美術館の建物もいいです。

page171108b.jpg


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - おでかけ ブログトップ