So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

竹中大工道具館 [建築]

竹中大工道具館は新神戸駅近くにあります。 三宮駅から地下鉄で一駅なんですがなんとなく行きにくいですね。新神戸駅も初めて降りました。

門構えからして凄いです。 

s-IMG_20170301_131256.jpg 

 

 

s-IMG_20170301_120310.jpg 

 

s-IMG_20170301_120332.jpg 

 

自動ドアですがこれまた凄いです。木の自動ドアこの手前にもあるのです。 

s-IMG_20170301_131151.jpg 

 

入場券はカンナをかたどってあります。比較のマウスと。 

s-IMG_20170301_231049.jpg

 

中に入るとまたもや「おお!」って感じです。

s-IMG_20170301_122212.jpg 

 

s-IMG_20170301_122623.jpg 

 

法隆寺五重塔のミニチュア

s-IMG_20170301_122516.jpg 

 

ワークショップが行われる木工室もあります。 

s-IMG_20170301_123606.jpg 

 

いろんな道具が展示してあります。 

page20170301a 90p .jpg 

 

カンナくずの薄いこと! ストッキングの生地みたいでした。

s-IMG_20170301_123929.jpg 

 

継手仕口  実際に体験できます。 これはごく簡単なものでしたがわからないものもありました。 

page20170301c 90p .jpg 

 

 

いろんな種類の木とカンナくずが展示してあります。 

page20170301d.jpg 

 

スケルトン茶室

s-IMG_20170301_124722.jpg 

 

凄い技です。 

page20170301b 90p .jpg

 

大工仕事が成り立つのも道具あってこそ。 

千代鶴是秀の工房が再現されています。 

s-IMG_20170301_124015.jpg 

 

写真撮影OKだったのですがどこを撮ってよいのやら迷いました。たくさん撮ったのですがなんかポイントを外しているような気もしますし、取捨選択にも迷いました。

なかなか面白かったです。

 


旧ハッサム住宅 [建築]

相楽園内に旧ハッサム住宅が移築されています。 ちょうど公開時期だったので中に入ることができました。

詳しくはこちらでどうぞ。 ☆☆☆

こちらでどうぞ。sIMG_4807.jpg 

 

page161119c.jpg

 

page161119d.jpg 

 

s-IMG_4844.jpg 

 

s-IMG_4849.jpg 

 

調度品も素敵です。 

page161119a.jpg

 

各部屋の電灯のデザインが少しずつ違っています。 

page161119b.jpg

 

sIMG_4940.jpg 

 

NHK朝ドラ「べっぴんさん」は神戸が舞台ですね。 最初の頃は異人館でも撮影もあったようですね。

このドラマ、面白いのか面白くないのかよくわかりません。時々首をかしげるような展開だったりして神戸が舞台でなければみていないかもしれません。  どこまで事実かわかりませんけれど「ファミリア」のことも気になるしなぁ・・・。 

 



こちらは元町駅から相楽園に行く途中にある兵庫県公館です。 土曜日だけ公開されているそうです。

 

古い建物に手を入れて現在、使われているそうです。

s-IMG_4958.jpg

 

以前にも入ったことがあるので写真はほとんど撮りませんでした。

よろしかったらこちらでどうぞ。☆☆☆ 

そうそう、 この玄関あたり映画「HERO2015」でロケ地として使われてましたよ。 不必要なものを上手に隠して撮影されていました。

 

神戸はまだまだ未開拓です。 機会があればいろいろ行ってみたいです。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

京都ハリストス正教会 [建築]

2016年 秋期京都非公開文化財特別公開に行ってきました。

この特別公開にキリスト教の文化財が加わるのは初めてだそうです。 

sp-IMG_4479.jpg

布教のための教会なので全国あちこちにありますね。 函館ハリストス正教会も外から眺めたことがあります。

4464 p .jpg

驚きなのはこの建物が木造建築であるということです。外から見ると「そうなんだ」と思いますが聖堂に入るとかなり高い天井高です。2階建てくらいあるとしても中央には柱はありません。 天井高の高いお寺もありますがこの聖堂はドーム状になっているのでどういう技術なんだろう、と思いました。

中は撮影禁止なのです。 

s-IMG_4465.jpg 

 

後ろにマンションがみえてしまいます。 

sp-IMG_4471.jpg 

 

裏口の方です。 

sp-IMG_4476.jpg 

 

s-IMG_4482.jpg 

 

結構人が来られてましたが並ぶほどではなかったです。

 


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

杉本家住宅 [建築]

京都市内にある重要文化財の住宅です。

HPによると

「重要文化財杉本家住宅では、京都の中心部にありながら、江戸以来の大店の構えをよく伝え、表屋造りによる大規模な町家構成の典型を示しており、 建造物全体にわたって江戸時代に熟成された京大工の技量が遺憾なく発揮され、技術性・意匠性ともに優れたものであります。」

詳しくはこちらでどうぞ。☆☆☆ 

友人が保存会の会員となっていてその会員に見学招待券が配布されるそうで誘っていただきました。 

 

 

s-IMG_20161105_150322.jpg

 江戸時代からの京町家だそうですが大店だけあってかなり大きいです。 フレームに全体が収まりませんでした。 

 

s-IMG_20161105_150205.jpg 

 

s-IMG_20161105_150118.jpg

 

sp-IMG_20161105_141312.jpg 

 

今回は婚礼衣装の展示でした。 豪華絢爛です。 保存のため照明が落としてあるので綺麗に写せませんでした。(ちなみにスマホのカメラは撮影OKなんですがデジカメ類での撮影は不可です。) 

page 1105c.jpg 

 

sp-IMG_20161105_132946.jpg 

 

仏間のお庭。 鉢の縁 と下に蟹があしらわれています。  この敷き詰めてある石を年末には1枚1枚洗うそうです。

s-IMG_20161105_133433.jpg 

 

仏間のいい写真がなかったのですがかなり大きいです。西本願寺から直接お坊さんが来られるそうです。 

 

茶室の床の間です。 

sp-IMG_20161105_133653.jpg

 

お庭も何カ所かあり広いです。 

sp-IMG_20161105_140215.jpg 

 

台所も一般のおうちより倍くらいの広さがあるのではないでしょうか。 

s-IMG_20161105_140805.jpg 

sp-IMG_20161105_140441.jpg 

 

おそらく食器棚でしょう。 大きいです。 

s-IMG_20161105_140909.jpg 

 

 

s-IMG_20161105_134642.jpg 

 

 

下の写真の左のふすまの和紙は手もみ和紙だそうです。痛んでいるのですがあえて残してあるそうです。 今ではこんな和紙もほとんどみられれないそうです。 

s-IMG_20161105_134833.jpg 

 

昭和初期に洋室に改装されたそうです。 

s-IMG_20161105_134858.jpg 

 

30分のビデオが放送されていました。 年中行事、色々しきたりも継承されているようでそれはそれで大変そうですがそれでも継承されていることに敬服です。

保存するにも経費がかかりそうで保存のための会員を募集されているのも苦肉の策でしょう。 あまりお役には立てませんがそれでもこういう形で紹介する ことで存在でも知っていただけたら、と思いました。

 

このあと非公開文化財特別公開の京都ハリストス正教会に向かいました。

 

続きを読む


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小林一三記念館 [建築]

 
小林一三は阪急電鉄などを創業した事業家です。
その後宝塚歌劇団や映画会社なども設立していきます。
その小林一三の邸宅だったところです。

邸宅跡は当初逸翁美術館として使用されていて移転後記念館として改装したようです。
増築部分には阪急の歴史を紹介、資料などを展示してありました。 
 
 
 
 
 
 sIMG_3937.jpg
 
 
sIMG_3936.jpg 
 
 
 
建物の裏側 
sIMG_3929.jpg 
 
 
 
窓の部分の部屋は「雅俗山荘」という高級レストランとして使用されています。 
 
sIMG_3932.jpg 
 
 
 
 
建物内部 
 
 
page20160914a80.jpg 
 
 
 一三の書斎はおそらく紹介のためのの撮影に使われていたようで覗いただけでした。
 
 
 茶室
 
page20160914b80.jpg 
 
 

 
 
 
白梅館では一三の業績が展示してあります。
阪急電車の車両を模してありました。
 
新旧の阪急のマーク 
 
  
ssIMG_3900.jpg   ssIMG_3902.jpg
 
 
昨年だったか、ドラマが放送されて小林一三を少し身近に感じたものでした。
なんだか発想が凄かったです。 周りに反対されても信じて突き進む、そんな信念があったから成功したのでしょうか。
時代を読むセンスもあったのでしょうね。
 
 
 
 
 

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

京の夏の旅 2016 夏 その2 [建築]

 

2カ所目は平安女学院大学 有栖館 有栖川宮旧邸です。

ssIMG_6100.jpg

ssIMG_6109.jpg

ssIMG_6113.jpg

 

本来、有栖川宮邸 は別の場所にあったものを京都裁判所仮庁舎として利用後、現在の場所に移築して旧京都地方裁判所所長官舎としてしようされていたそうです。現在は平安女学院によって保存されているということです。

現在も授業の一環で使われているそうです。

 

客間棟 

ssIMG_6141.jpg

 

このお庭は「平成の植治」 第十一代 小川治兵衛の作庭によるもの。

ssIMG_6142.jpg

95 page20160817d.jpg

 

客間棟には上段の間があります。 

ssIMG_6140.jpg

 

上段の間の横の飾り板 

ssIMG_6125.jpg

 

客間棟には矢筈張りといわれる板の間があります。 お能舞台として使われたそうです。よく響くように床下に甕が置かれていたそうです。 上段の間からご覧になったのでしょう。

ssIMG_6122.jpg

中庭 

ssIMG_6128.jpg

 

ssIMG_6134.jpg

 

この部屋には宣伝もかねて?お香が展示されていました。 

ssIMG_6137.jpg

 

かほりあそび。 袋に入ったお香が3カ所においてあってそれらが違うか同じかを当てるもの。 明らかに違う香りはわかりますが同じだったりすると 「?」 と思います。

ssIMG_6136.jpg

 

 



有栖館の南側に建っている聖アグネス教会。 こちらも平安女学院の教会のようです。

 

 

ssIMG_6154.jpg

ssIMG_6150.jpg

ssIMG_6152.jpg

 

有栖館の東側には道路を隔てて京都御苑があります。  

ssIMG_6156.jpg

 

聖アグネス教会のさらに南にある 「大丸ヴィラ」 ヴォーリスの設計によるものだそうです。 いつも門は閉ざさされいますね。

ssIMG_6158.jpg

 

蒸し暑かったけれど曇り空で日差しがましでした。 これらの建物内はほとんど冷房装置がなかったりするので暑かったですが長居するわけでもないのでやり過ごせます。

思いがけず、京都の建物を楽しんできました。

京の夏の旅ではそのほかにも公開されている文化財があります。 9/30まで公開されているところが多いです。

こちらで確認してください。☆☆☆ 

 

 


nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

京の夏の旅 2016 夏 その1 [建築]

京都の普段、非公開の文化財を四季折々期間限定で公開されています。

ふと 情報を目にして2カ所に行ってきました。 

まずはノートルダム女学院・中高・和中庵です。

元々は近江商人藤井彦史郎の邸宅を戦後ノートルダム教育修道女会が戦後取得して修道院として改造、その後ノートルダム女学院・中学校高校に移管されたそうです。

移管後かなり痛んでいたので壊して新たに建てることも考えられたそうですが残せる部分は残そうという選択をされて一部分手を入れて今回公開となったそうです。 

ssIMG_6032.jpg

 

スパニッシュを基調とした2階建ての洋館です。 芝生の部分は母屋?とかあったようですが修復不能ということで解体されたようです。

ssIMG_6098.jpg

 

洋館2階の部屋 

ssIMG_6074.jpg

 

 

 

2階の和室 

ssIMG_6069.jpg

ssIMG_6052.jpg

ssIMG_6049.jpg

 

 客殿

ssIMG_6064.jpg

 

ssIMG_6056.jpg

ssIMG_6053.jpg

 

階段塔 

ssIMG_6066.jpg

 

階段部分の装飾 

 ssIMG_6073.jpg

90 page20160817a.jpg

 

礼拝堂 

ssIMG_6096.jpg

ステンドグラスが綺麗でした。 

90 page2160817b.jpg

 

1階洋室

ssIMG_6084.jpg 

奥の窓ガラス。周りがすりガラスでうっすら緑色していてステンドグラスみたいで綺麗でした。

和中庵は8/23までの公開です。 

 

このあと平安女学院へ向かいました。


nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

大阪府立中之島図書館 [建築]

東洋陶磁美術館のすぐ近くにある中之島図書館。 リニューアルされて今までは閉鎖されていた正面玄関からも出入りできるようになっています。

行かなくちゃ・・・と思いながらちょっと忘れていたこともあって訪れずにいました。

今回せっかくそばまで行ったので寄ってみました。

 

ssIMG_5931.jpg

 

玄関の上の方には「大阪図書館」と表示されています。 

ssIMG_5933.jpg

 

玄関を入ってすぐの所。ここだけは撮影Okです。 

ssIMG_5950.jpg

 

天井のドームには落下防止のためか?ネットが張られていて詳しくは見えませんでした。 

ssIMG_5935.jpg

 

 

ssIMG_5939.jpg

ssIMG_5945.jpg

ssIMG_5953.jpg

 

外壁などのレリーフ 

page160727a.jpg

 

 

ssIMG_5954.jpg

 

 

松井大阪府知事、当時橋下大阪市長が閉鎖して商業施設に変更するとの方針を打ち出したようですが撤回されたようです。いろいろ反対の声があったのでしょう。 ともかくリニューアルされて図書館として存続されてよかったです。

リニューアル後カフェが入っているようです。今回は行きませんでしたまた行ってみたいと思っています。

 

 


nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

四天王寺 建築めぐり [建築]

四天王寺建築めぐりりツアーに参加してきました。 (11/28)

「オープン台地 in OSAKA」 というパンフレットをたまたまみつけてこのツアーがあることを知っていたのですが20名ということで無理だろう、と勝手に思い込み申し込みをしていなかったのです。

そうこうしていたら 「大阪くらしの今昔館」からの配信メールでまだ募集中と知りました。それなら、と申し込んで行ってきた次第です。

四天王寺さんの僧侶が案内してくださるということで楽しみにしていました。

いろいろ説明していただいたのですが自分なりにまとめることができませんでした。なので写真をランダムにアップします。

ただ、思ったことはお坊さんも建築の勉強をしなくちゃいけないんだな、ということです。歴史だから当然なんでしょうが仏教の勉強だけをしていたらいいのかと思っていたので そんなことはないのだなぁ、と改めて思いました。

sIMG_3243.jpg

お寺に鳥居はおかしいのではないか、という指摘について元来鳥居は聖地決壊の四門として古来インドより建てられたものだそうで神社に限ったことではないのだそうです。

 

そのそばにある 「ポンポン石」 

sIMG_3241.jpg 

この四角い穴に手をのせてたたくと「ポンポン」と音がします。耳を澄ませると冥途からの声が聞こえるそうな・・・と言われて後で試しましたがう~む、風の音だけが聞こえました。

 

 

極楽門(西の大門)。 

sIMG_3240.jpg 

戦後再建されたそうですが松下幸之助氏の寄贈だそうです。東京浅草寺の大きな提灯もそうですよね。それに対抗して通天閣は「HITACHI」なんだとか 噂に聞きましたがどうなんでしょうか? 

 

 

中心伽藍の金堂の屋根が特徴的なんだそうです。

sIMG_3239.jpg

 

五重塔は耐震工事中です。

sIMG_3235.jpg 

 

水煙

sIMG_3237.jpg 

 

英霊堂…もともとは鐘楼があったそうです。その鐘楼は戦時中に供出されその後、英霊堂となったそうです。かなり建物が痛んでます。

sIMG_3195.jpg 

 

宝蔵 … 四天王寺にも校倉造の蔵があったとは知りませんでした。平成25年の調査で本来は2つあったうちの1つとわかったそうです。 

sIMG_3204.jpg

 

 

本坊内の門だったと思うのだけれど「葵のご紋」があります。

F1128a.jpg 

 

 

五智光院  こちらには徳川家代々の位牌が納められているそうです。 徳川家と深い繋がりがあったとは・・・。

sIMG_3206.jpg 

今回この中に入れていただきました。普通は入れないそうです。 五智如来が安置されています。荘厳な雰囲気でした。

 

浄土庭園

sIMG_3215.jpg 

sIMG_3214.jpg 

 

普通ビルが見えると雰囲気が台無しだなぁと思うのだけれどハルカスなら許してしまいます。 

sIMG_3220.jpg

sIMG_3222.jpg

sIMG_3224.jpg 

 

 

浄土庭園、中心伽藍での説明はありませんでした。

中心伽藍は以前にも入ったことがあるはずなのに金堂は初めて入ったような気がしました。救世観音が安置されているのですが斜めからみるお姿に感動しました。きっと前回入ってなかったんでしょう。 そして今回講堂に入りそびれてたのに後で気が付きました。

境内が 広く、建物も多いのでなかなか全部をみることがありません。今回も全部案内していただいたわけでもないのでまだまだ知らない建物もたくさんあります。

でも、こうして案内していただくとまた親近感が湧きます。

五重塔を眺めることができなくて残念でしたが耐震工事ということで仕方ないですね。平成28年6月末までの工事予定だそうです。

 


nice!(18)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

浅沼記念館 [建築]

浅沼記念館となっていますが浅沼組元社長宅だそうで普段は公開されていません。

学園前アートウィークで現代アートの作品展示会場の一つでした。 

素敵な邸宅だったので写真をピックアップしておきます。

sIMG_3040.jpg 

 

sIMG_3041.jpg

sIMG_3042.jpg 

 

 

sIMG_3058.jpg

 

大和文華館が望めます。 

sIMG_3060.jpg 

 

sIMG_3057.jpg

sIMG_3064.jpg 

 

茶室

sIMG_3056.jpg 

 

sIMG_3050.jpg 

 

sIMG_3054.jpg

 

sIMG_3052.jpg 

 

公開されていた2階の2部屋にそれぞれバスルームがあり、ゲストルームだったのでしょうか? 

機能的な間取りでした。

昨年まで管理人の方が住んでおられたそうですが今は空き家だそうです。 なんだかもったいないですね。

展示作品についてはこちらでどうぞ。☆☆☆


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域