So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

高島屋にて [美術]

大阪 高島屋グランドホールで「生誕90年 加山又造展~生命の煌めき」」が開催されています。


s-20170920_120600.jpg



s-20170920_123446.jpg


ずいぶん前に全集の装幀を見て以来なんとなく気になる画家なので行ってきました。

毎年2枚ずつ奉納していた団扇の絵がよかったなぁ。20枚奉納するはずだったそうですが18枚までとなり未完だそうです。(亡くなったからなのでしょうね。どこに奉納していたのか記憶が曖昧なのです。多分祇園祭り関係だったと思うのですが・・・。)




----------------------------------------



そのあと、美術画廊に寄りました。

「土屋仁応展 水晶と鹿」が開催されています。


s-20170920_153744.jpg




この人の作品も本の表紙を見て名前を知りました。


なんかなまめかしいです。今回は木地を生かした作品もあってそちらの方が私はとっつきやすいな、と思いました。


続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

京の至宝 黒田辰秋展 [美術]



s-20170915_104534.jpg



チラシを見て「漆器」ということとこの形に興味を持ち行ってみたいな、と思いました。

漆器だと思っていたので茶器とかの器が多いのかと思っていたのですが家具なども手がけていてちょっと意外な感じでした。

河井寛次郎や柳宗悦との出会いが大きかったようです。

もともと生家は塗師(ぬし)屋だったそうですが分業制に疑問を感じて一貫制作を志したそうです。


170915a.jpg


京都大学北門前の「進々堂」店内のテーブルセット、「鍵善良房」店内の大飾棚など現在も残っているそうです。行かれたことがある方は「あれか」と思われるかもしれません。


黒澤明監督の椅子も圧倒されました。「王様の椅子」と言われていたそうです。背中の文様「彫花文」に目を惹きつけられました。独特の「流稜文」も綺麗でした。


漆塗りというと黒や朱の物を思い浮かべるのですが「拭漆」という技法が使われた家具がありました。木目を浮かび上がらせています。


螺鈿の作品もありました。メキシコアワビを使った螺鈿は青くキラキラ輝いてました。それを内部に使った水指が目を惹きました。「乾漆八稜水指裡耀貝螺鈿」です。外は黒の漆器ですが中が螺鈿で宝石箱のようにキラキラ輝いています。これに水を入れるとどうなるんだろう?と興味津々でした。

page20170915a.jpg



なかなか面白かったです。







続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近世やまと絵の開花 [美術]



s-20170908_102739.jpg




s-20170908_102548.jpg


やまと絵とは 「四季の自然、そこに生きる人や生き物を優美に描いた、日本の伝統的な絵画様式」をいうそうです。土佐派も名前は聞いたことがありますがあまり詳しくは知りませんでした。土佐光起 生誕400年ということでの展覧会だそうです。


s-20170908_103002.jpg


「春秋花鳥図屏風」(下のチラシの真ん中)の絵。 江戸時代の屏風のせいか色も綺麗に残っていて圧巻でした。目玉の展示品です。
頴川(えがわ)美術館蔵ということです。この美術館も気になりながら行ったことがありません。
s-20170908_205213.jpg
土佐光起は現在の堺の生まれだそうで堺市立博物館所蔵の作品も展示されていました。
地味な展覧会ですがこういうのは学芸員の腕の見せ所かもしれません。所々にこの美術館所蔵のカザールコレクションの蒔絵なども展示されていました。
凄く興味があったわけでもないのですが700円とリーズナブルだったので行ってきました。
----------------------------------------------------
展覧会を観た後Q'sモールへ立ち寄りました。 ここには「ABCクラフト」という手芸用品店があってたいていのものは何でも揃うと言っても過言ではない手芸用品店があります。しかもちょっとお安い感じがします。
広すぎるのが欠点ですがこの日もつい寄ってしまいました。
セール品がちょこちょこ置いてあって見てしまいます。
そうしたら目に止まった品物がありました。コサージュの部材がセットでお安くなってるのです。それを見ていたらなんとなく作れそうな気がして購入してしまいました。
家に帰って早速取り出して作りかけてあわてて写真に撮りました。
s-20170908_162445.jpg 
ピンクのオーガンジーの花は作ってしまいました。白いオーガンジーの色違いのものです。針金で巻き付けたら花の形になりました。
できあがり
s-20170908_164733.jpg
今、磁石にはまってまして(!?)このコサージュの裏に磁石を貼り付けようと思ったら針金に反応してピタリとくっつきました。
s-20170908_164615.jpg
これをフラワーテープで巻き付けました。
s-20170908_192726.jpg
そして別の磁石の台紙を作りました。 ミシンの調子が悪くてお恥ずかしい仕上がりですが外には見えないのでいいのです。
s-20170909_131017.jpg  この中に磁石が1個入ってます。
これでTシャツなどの表にコサージュをつけて裏側にはこの台紙をつけるとピタリと止まるのです。ブローチピンだと穴があくのでずっと気になっていたのがこれで解消されると思います。まだ実際に外につけていったことがないので次回つけていくのが楽しみです。
最近は100均で便利なものがたくさん売られていてびっくりです。この磁石もそうですし、出始めに高くで買った布用の糊も既に売られていました。物によっては品質がイマイチのこともありますが試しで使うとか少量でいいときなど便利に使えます。


続きを読む


nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

興福寺の寺宝と畠中光亨展 [美術]


s-IMG_20170825_123638.jpg


でかけるついでがあったのと朝日友の会で無料だったので行ってきました。

蓮の絵がチラシに載っていたのでそれを観に行こうかと。


s-IMG_20170825_124040.jpg


約300年ぶりの興福寺の中金堂再建で大柱に14名の祖師画を描かれるのが畠中光亨画伯。

お名前は初めて知りました。

知識がないのでざーっと観るだけに終わりましたが独特の雰囲気でした。

寺宝も少し展示されていました。国宝の「仏頭」が展示されていてびっくりしました。

 

s-IMG_7405.jpg


この写真は6月に興福寺に訪れた時のポスターです。





続きを読む


nice!(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

O JUN×棚田康司 「鬩(せめぐ)」展 [美術]


s-IMG_20170823_123037.jpg


画家と彫刻家のコラボと知りなんとなく興味を持ちました。


部分的に撮影OKでいろいろ撮ったのですが載せるほどのいい写真がありませんでした。


s-IMG_20170823_124808.jpg




下の写真、暗かったのでピンぼけになりましたが真ん中の身体を伸ばした作品、足の裏、手の裏が妙にリアルでした。写真に撮るのがはばかれるくらいで撮りませんでした。家に帰ってリストを見ていると解説があり、「手足の型どりをした」そうでリアルなのは必然ですね。そういえば手足は違う素材だったように思います。

s-IMG_20170823_125027.jpg




チラシが2種類あることに気づきました。 別の場所にそれぞれ置いてあったのですがショップで図録が置いてあってふと気づきました。


page170823a.jpg



その作品がこちらです。

s-IMG_20170823_131627.jpg



彫刻も面白いです。 1本の木で作るのか、組み合わせて作るのか、この方は1本の木から作られているようです。


期間中作品制作の実演もされていたそうです。 この日も棚田さんがおられて制作されていたようですが私が行ったときは中断されていて実演は見ることができませんでした。 一から制作されていたようでその経過を見るのも面白そうです。


-------------------------------------------


お庭も綺麗です。

s-IMG_20170823_130420.jpg





nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

エリック・カール展 [美術]



s-IMG_20170818_131722.jpg




右端は半円形のチケットです。

s-IMG_20170818_192435.jpg



170818a.jpg

下絵の展示もしてありましたが原画の方がクッキリとしていてよかったです。
まず紙に色を塗りそれを切り取って絵にしているようです。



はらぺこあおむしをかたどった人形(というのかしら?)もかわいいです。

s-IMG_20170818_131707.jpg



ショップではかわいらしいグッズもたくさん売ってました。 心を鬼にして買わずにその場を後にしました。


小さい子どもさんを連れておられた方が多かったです。 言葉をようやくしゃべるようになった幼児がどの動物を見ても「ワンワン」と言ってるのがかわいらしかったです(笑)


楽しい展覧会でした。

 

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

ブリューゲル「バベルの塔」展 [美術]

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
16世紀ネーデルラントの至宝 ― ボスを超えて ―


国立国際美術館で開催中です。詳しくはこちらでどうぞ。


s-IMG_20170816_101650.jpg


いかにも人寄せ的なタイトルですがそれが功を奏しているようでこの日はとても混雑してました。前日初めて公式HPを見て混雑していると知ったのですが予定していたので行ってきました。夏休み子供連れの人や小中学生達で来ていたり、お盆休みの人などで人が多かったです。9月になってから行くべきだったと後悔しましたが後の祭り。


s-IMG_20170816_111135.jpg



私もこの絵だけを観に来たようなもんです。テレビで紹介されていたので小さいとは知ってましたがやっぱり小さかったです。拡大版があればいいのに、と思っていたら300%の拡大版がありました。それでも描かれている人がようやくわかる感じでした。ほんとに細かく描かれています。


この絵を観るのに列に並んで観ました。2列目はフリーなので再度観ましたがやっぱり小さい・・・。単眼鏡でしばらく観ている人がいましたが確かにそういうものが必要です。でもそれで観たところで私には知識がないのであんまり意味がないです。


色合いが綺麗で細かく描かれたその思いは伝わってくるような気がしました。


ブリューゲル・・・名前は聞いたことがありました。こんな絵を描く人だったかな?と思っていたら農民を描いた作品も多いと知りそれらを紹介されることの方が多かったのかもしれないと思いました。


家で拡大写真を見てこんな人もいる、こんな光景もある、と楽しめそうな絵でした。



----------------------------------


知る人ぞ知る「ヒエロニムス・ボス」の作品も多く展示されていました。ちょっと不思議な絵ばかりです。好きな人は好きだろうな、こういう絵。



----------------------------------


コレクション展もざっと観ました。


伊藤存の作品2点展示されてました。 刺繍で表現した作品です。以前に観たのもここでだったのかな? 刺繍を始めたこともあって興味深かったです。


おまけみたいにセザンヌの「宴の準備」 見落としそうです。



---------------------------------------------


お昼は館内のレストランでいただくつもりだったのですが満席で待ってる人もあり、断念。 別にここがいいわけではなくて単にめんどくさかっただけなんです。 オフィスも多いのでたくさんお店はあるのですが意外とこのあたりすっと入れるお店がみつかりません。 お昼時になると混雑しそうですし。 それで近くのお店に入りました。結構古くからあるお店のようでしたが居酒屋風で入りにくかったのです。 12時前だったので思い切って入ってみました。 なんとなく女性1人は不似合いな感じで落ち着かなかったのですが次に入ってこられたのは女性2人連れ。 さほど女性が少ないわけではなさそうです。 またの機会もここを利用してみましょう。



2017.8.16




nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

奈良 西大寺展 [美術]

あべのハルカス美術館で開催中です。「創建1250年記念 奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」


s-IMG_20170801_103234.jpg



大阪人の私には「西大寺」と言えば「近鉄電車の西大寺駅」とか大きなお茶碗でお茶をいただく大茶盛り式があることくらいの認識しかありません。 1度だけ西大寺にも行ったことがあるけれど境内は出入り自由なのですが秘仏は公開されておらずひっそりとしていました。 なので今回展覧会が開催できるほど秘仏があることは知りませんでした。 近くの真言律宗のお寺の仏像も含めて展示されています。



170801z.jpg



170801b.jpg



最初はスルーするつもりだったのですが浄瑠璃寺の「吉祥天立像」が期間限定で展示されると知り、これは「行かなくては!」と行ってきた次第です。 浄瑠璃寺へは2回訪れているのですが2回とも公開時期だったので参拝しています。でも1番大好きな仏像なので機会があれば何度でも拝みたいです。浄瑠璃寺も不便な所なのでこうして参拝できるのは嬉しかったです。



s-IMG_20170801_103220.jpg


浄瑠璃寺では前からしか拝めませんが美術館ではぐるりと回って見ることができます。 展示するための台座が高いせいかなんだか大きく見えました。


右手を下に向けて手のひらを見せるポーズは与願印というそうで何かを与える仕草あるいは願いを叶える仕草だそうです。

ふっくらした手、触りたくなというかすがりたくなります。展示ケースがあるので触れませんけれど。それと首を少し右に傾けておられるのに気づきました。


下の写真の仏像は重要文化財「愛染明王坐像」で後期展示だったので今回は拝むことはできませんでした。

s-IMG_20170801_103313.jpg




浄瑠璃寺の大日如来坐像は運慶やその周辺の人たちの制作ではないかと言われているそうですがこの仏像も綺麗なお顔をされてました。

浄瑠璃寺といえば吉祥天立像と九体阿弥陀仏に目を奪われますがこんな仏像もあったのですね。

調べてみると安置場所は灌頂堂で通常非公開のお堂だそうです。大日如来坐像は特別公開時のみ拝観できるようなので私は拝観していないと思います。



こういう機会を持ててありがたいことです。


田嶋悦子展 [美術]

西宮市大谷記念美術館に行ってきました。 もっと早く行きたかったのですが会期ギリギリ間に合いました。


s-IMG_20170727_104210.jpg



どういう作品なのかこの目で確かめたかったのです。

下の写真の左端の作品は30年前の作品を再構築したそうです。分解できるようになっているのですね。


170728b.jpg



この初期の作品はあんまり好みではありませんでしたがガラスと融合させている作品は好きです。


左端の作品も面白かったです。3個セットになっているようでそれらを組み合わせていく感じです。




170728a.jpg

ポスターになっている作品は粘土にあじさいの葉の模様を写し取ってあるそうです。 100個の作品が並べてあるそうでサイズ可変とありました。

置いてある作品全体の写真がなくて残念です。


行けてよかったです。


--------------------------------------------------


庭園も手入れが行き届いていて気持ちいいです。 さすがに花はほとんど咲いていませんでした。


ロビーからの風景

s-IMG_20170727_111605.jpg





庭園では水も流れていて涼しげでした。


s-IMG_20170727_112302.jpg





s-IMG_20170727_112243.jpg




元永定正作品

page170728c.jpg


nice!(12)  トラックバック(0) 

アンドーヒロミ版画展 [美術]

大阪市内にあるギャラリー「The 14th. MOON」 に行ってきました。

新聞の案内を見て心惹かれました。


s-IMG_20170712_192447.jpg



銅版画だそうです。 なんと感想文を書けばいいのか迷いますが家に飾るところがあれば1枚購入したかったです。 絵はがきも売ってましたがやっぱりそれは違うなぁ、と思いました。 




小路幸也さんの「東京バンドワゴンシリーズ」の表紙を飾っています。

東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)

東京バンドワゴン (1) (集英社文庫)



ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード  東京バンドワゴン

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン

  • 作者: 小路 幸也
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/04/26
  • メディア: 単行本




続きを読む


nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート