So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

北斎 富士を超えて [美術]

今回とても有名になった?あべのハルカス美術館で11/19まで開催しています。


この看板の下は長蛇の列です。

s-IMG_8653.jpg





hoku3.jpg



混雑は覚悟していました。チケットを買うのに30分、整理券配布で1時間半待ちでしたが指定された時間にはすぐに入れました。1人だと断念していたと思います。友人と一緒だったので時間もつぶせました。
事前にチケットを買っておけば購入に並ぶ必要はなかったのですが朝日友の会の200円引きにこだわってしまいました。
入ってすぐは混雑してましたが後の方は合間から観たり、前列にも入れたりしてあの混雑の割にはよく観られた方だと思います。
もっとも富嶽三十六景は今までにも観ているのでスルーしました。
今回直筆が多く、また応為の絵もあったのでそれらをメインに観ました。
s-IMG_20171116_202642.jpg この絵をみたさにあえて混雑を承知で行きました。離れてみた方が明暗がくっきりするのですがなにせこの混雑、人が多くて遠くからは観られません。でも前列で観られたことに満足です。
hoku4.jpg  この菊も艶やかでした。

hoku2.jpg




これも観たかったものの一つです。

hoku5.jpg



若冲を連想した作品群があったのですが隣で観ていた人も同じことを思ったようで口にしておられました。

花と鳥のとりあわせの作品もよかったです。他ではあまり見ないような作品が展示されていたように思いました。


絵に対する執念のようなものを感じました。そういう思いがあるから長生きできたのかなぁ、と一緒に行った友人と話しました。




夜景を撮る機会もあんまりないので。

s-IMG_8655.jpg



大人気の展覧会でした。応為の絵が展示されていなければパスしたと思いますがこれもご縁ですね。


nice!(11)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

三沢厚彦 アニマル謎の館 [美術]



171109mi1.jpg



三沢厚彦さんの「アニマル」達に久しぶりに会ってきました。

この子だけ写真OKでした。

s-IMG_8465.jpg

 

コラボ展覧会でなんと舟越桂さんの作品も展示されていました。

171109mi2.jpg

 

名前のとおり「謎の館」でした。

 

この建物も有名だそうでなかなか凝った造りでした。館内は撮影禁止で残念です。建物内に噴水がありそれを窓から見下ろせます。

s-IMG_8468.jpg

 

 

 

先日の高低差の講演で「東京は谷が多い」と聞きましたがその関係なのか坂が多いですね。小石川植物園付近もそうだったしこの松濤美術館あたりも坂がありました。

面白かったのが京王井の頭線神泉駅です。トンネル内に駅があります。不思議な地形です。

s-IMG_8477.jpg

 

近くの松濤公園。何故か水車がありました。 仕事中の男性の出入りが多いなぁと思っていたら喫煙所があったのです。


s-IMG_8471.jpg



東京編はこれで終わりです。 2日目は3カ所、回ったので22000歩以上歩きました。 目的地で歩いたことより乗り換えの距離の長さに辟易としました。東京メトロから都営地下鉄に乗り換えの時、延々と歩かされた感じでした。エスカレーターも長いです。


東京駅も何度行っても迷子になりそうです。コインロッカーに荷物を預けてもちゃんと取りに行けるのか心配になります。なんだか最後は愚痴になってしまいましたが楽しんできました。


旅行用の軽いリュックを物色中です。どなたかお勧めがありましたら教えていただきたいです。




nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

有元利夫展-物語をつむぐ [美術]





s-ari djpg.jpg




台風接近で雨が降りしきってましたがまだ風がなく友人と約束していたので強行して行ってきました。延期すると11月末になってしまうので・・・。
宮本輝の小説の表紙を見て気になっていた画家で関心を持ったときには既に亡くなっていて衝撃を受けたのを覚えています。
それ以来、展覧会があれば行くようにしています。京都、明石、東京、これで4回目かな?



s-arimoto c .jpg







s-20171022_115852.jpg





page171022.jpg



展示数は少なめでしたが新館が狭いのでそれぞれの絵が四方八方から迫ってくる感じで親近感ありました。



台風の割には雨風は、ましで無事に行くことができました。 日曜日ということもあったのでしょうが台風の割に思ったより人が来られてました。お天気が良かったらもっと人が多かったのかもしれません。





nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

民藝の日本 [美術]

大阪高島屋で開催中です。


s-20171007_111459.jpg



s-20171007_114016.jpg



時間がなくて解説を読む時間もなくざーっとみただけでした。

無名の職人が作った生活用具。 今はもう使われていないのでしょうか。 生活スタイルも変わっているし作れる人もいないのかもしれません。

芹沢銈介の日本民藝地図が凄かったなぁ。そしてその前にその民藝品が展示してあります。


どれもピカピカに磨いてありました。国宝ではないから手入れがしやすいのかな?だから余計に綺麗に見えた気がします。



-------------------------------------------------





難波から梅田へ用事があったので移動しました。
そうだ!大阪駅で花関連のイベントをやっていたのを思い出して帰りに寄ってきました。
s-IMG_8184.jpg
そういえば毎年やってるのかな?何年か前に偶然遭遇して感動したのを思い出しました。
と思ってブログを検索してみると2015年の同じ時期に行ってました。 
そして2016年5月。これは5周年記念のイベントでした。こちら☆☆☆
今回の写真です。
s-IMG_8170.jpg
s-IMG_8173.jpg
s-IMG_8168.jpg
たくさん花があるのだけれどなかなか思うように写真が撮れないなぁ。なんか難しい、なんでかな?色のコントラストがはっきりしすぎているからなのかな? 自然の風景だと自分でも思いがけなくいい風景が撮れていたりするんですよね。花だけって難しいです。 素人だから当たり前だけれど。 今回スマホの背景写真を撮ったのだけれど気にいるのはありませんでした。 残念・・・。 また何かの機会に撮りましょう!

続きを読む


nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高島屋にて [美術]

大阪 高島屋グランドホールで「生誕90年 加山又造展~生命の煌めき」」が開催されています。


s-20170920_120600.jpg



s-20170920_123446.jpg


ずいぶん前に全集の装幀を見て以来なんとなく気になる画家なので行ってきました。

毎年2枚ずつ奉納していた団扇の絵がよかったなぁ。20枚奉納するはずだったそうですが18枚までとなり未完だそうです。(亡くなったからなのでしょうね。どこに奉納していたのか記憶が曖昧なのです。多分祇園祭り関係だったと思うのですが・・・。)




----------------------------------------



そのあと、美術画廊に寄りました。

「土屋仁応展 水晶と鹿」が開催されています。


s-20170920_153744.jpg




この人の作品も本の表紙を見て名前を知りました。


なんかなまめかしいです。今回は木地を生かした作品もあってそちらの方が私はとっつきやすいな、と思いました。


続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

京の至宝 黒田辰秋展 [美術]



s-20170915_104534.jpg



チラシを見て「漆器」ということとこの形に興味を持ち行ってみたいな、と思いました。

漆器だと思っていたので茶器とかの器が多いのかと思っていたのですが家具なども手がけていてちょっと意外な感じでした。

河井寛次郎や柳宗悦との出会いが大きかったようです。

もともと生家は塗師(ぬし)屋だったそうですが分業制に疑問を感じて一貫制作を志したそうです。


170915a.jpg


京都大学北門前の「進々堂」店内のテーブルセット、「鍵善良房」店内の大飾棚など現在も残っているそうです。行かれたことがある方は「あれか」と思われるかもしれません。


黒澤明監督の椅子も圧倒されました。「王様の椅子」と言われていたそうです。背中の文様「彫花文」に目を惹きつけられました。独特の「流稜文」も綺麗でした。


漆塗りというと黒や朱の物を思い浮かべるのですが「拭漆」という技法が使われた家具がありました。木目を浮かび上がらせています。


螺鈿の作品もありました。メキシコアワビを使った螺鈿は青くキラキラ輝いてました。それを内部に使った水指が目を惹きました。「乾漆八稜水指裡耀貝螺鈿」です。外は黒の漆器ですが中が螺鈿で宝石箱のようにキラキラ輝いています。これに水を入れるとどうなるんだろう?と興味津々でした。

page20170915a.jpg



なかなか面白かったです。







続きを読む


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

近世やまと絵の開花 [美術]



s-20170908_102739.jpg




s-20170908_102548.jpg


やまと絵とは 「四季の自然、そこに生きる人や生き物を優美に描いた、日本の伝統的な絵画様式」をいうそうです。土佐派も名前は聞いたことがありますがあまり詳しくは知りませんでした。土佐光起 生誕400年ということでの展覧会だそうです。


s-20170908_103002.jpg


「春秋花鳥図屏風」(下のチラシの真ん中)の絵。 江戸時代の屏風のせいか色も綺麗に残っていて圧巻でした。目玉の展示品です。
頴川(えがわ)美術館蔵ということです。この美術館も気になりながら行ったことがありません。
s-20170908_205213.jpg
土佐光起は現在の堺の生まれだそうで堺市立博物館所蔵の作品も展示されていました。
地味な展覧会ですがこういうのは学芸員の腕の見せ所かもしれません。所々にこの美術館所蔵のカザールコレクションの蒔絵なども展示されていました。
凄く興味があったわけでもないのですが700円とリーズナブルだったので行ってきました。
----------------------------------------------------
展覧会を観た後Q'sモールへ立ち寄りました。 ここには「ABCクラフト」という手芸用品店があってたいていのものは何でも揃うと言っても過言ではない手芸用品店があります。しかもちょっとお安い感じがします。
広すぎるのが欠点ですがこの日もつい寄ってしまいました。
セール品がちょこちょこ置いてあって見てしまいます。
そうしたら目に止まった品物がありました。コサージュの部材がセットでお安くなってるのです。それを見ていたらなんとなく作れそうな気がして購入してしまいました。
家に帰って早速取り出して作りかけてあわてて写真に撮りました。
s-20170908_162445.jpg 
ピンクのオーガンジーの花は作ってしまいました。白いオーガンジーの色違いのものです。針金で巻き付けたら花の形になりました。
できあがり
s-20170908_164733.jpg
今、磁石にはまってまして(!?)このコサージュの裏に磁石を貼り付けようと思ったら針金に反応してピタリとくっつきました。
s-20170908_164615.jpg
これをフラワーテープで巻き付けました。
s-20170908_192726.jpg
そして別の磁石の台紙を作りました。 ミシンの調子が悪くてお恥ずかしい仕上がりですが外には見えないのでいいのです。
s-20170909_131017.jpg  この中に磁石が1個入ってます。
これでTシャツなどの表にコサージュをつけて裏側にはこの台紙をつけるとピタリと止まるのです。ブローチピンだと穴があくのでずっと気になっていたのがこれで解消されると思います。まだ実際に外につけていったことがないので次回つけていくのが楽しみです。
最近は100均で便利なものがたくさん売られていてびっくりです。この磁石もそうですし、出始めに高くで買った布用の糊も既に売られていました。物によっては品質がイマイチのこともありますが試しで使うとか少量でいいときなど便利に使えます。


続きを読む


nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

興福寺の寺宝と畠中光亨展 [美術]


s-IMG_20170825_123638.jpg


でかけるついでがあったのと朝日友の会で無料だったので行ってきました。

蓮の絵がチラシに載っていたのでそれを観に行こうかと。


s-IMG_20170825_124040.jpg


約300年ぶりの興福寺の中金堂再建で大柱に14名の祖師画を描かれるのが畠中光亨画伯。

お名前は初めて知りました。

知識がないのでざーっと観るだけに終わりましたが独特の雰囲気でした。

寺宝も少し展示されていました。国宝の「仏頭」が展示されていてびっくりしました。

 

s-IMG_7405.jpg


この写真は6月に興福寺に訪れた時のポスターです。





続きを読む


nice!(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

O JUN×棚田康司 「鬩(せめぐ)」展 [美術]


s-IMG_20170823_123037.jpg


画家と彫刻家のコラボと知りなんとなく興味を持ちました。


部分的に撮影OKでいろいろ撮ったのですが載せるほどのいい写真がありませんでした。


s-IMG_20170823_124808.jpg




下の写真、暗かったのでピンぼけになりましたが真ん中の身体を伸ばした作品、足の裏、手の裏が妙にリアルでした。写真に撮るのがはばかれるくらいで撮りませんでした。家に帰ってリストを見ていると解説があり、「手足の型どりをした」そうでリアルなのは必然ですね。そういえば手足は違う素材だったように思います。

s-IMG_20170823_125027.jpg




チラシが2種類あることに気づきました。 別の場所にそれぞれ置いてあったのですがショップで図録が置いてあってふと気づきました。


page170823a.jpg



その作品がこちらです。

s-IMG_20170823_131627.jpg



彫刻も面白いです。 1本の木で作るのか、組み合わせて作るのか、この方は1本の木から作られているようです。


期間中作品制作の実演もされていたそうです。 この日も棚田さんがおられて制作されていたようですが私が行ったときは中断されていて実演は見ることができませんでした。 一から制作されていたようでその経過を見るのも面白そうです。


-------------------------------------------


お庭も綺麗です。

s-IMG_20170823_130420.jpg





nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

エリック・カール展 [美術]



s-IMG_20170818_131722.jpg




右端は半円形のチケットです。

s-IMG_20170818_192435.jpg



170818a.jpg

下絵の展示もしてありましたが原画の方がクッキリとしていてよかったです。
まず紙に色を塗りそれを切り取って絵にしているようです。



はらぺこあおむしをかたどった人形(というのかしら?)もかわいいです。

s-IMG_20170818_131707.jpg



ショップではかわいらしいグッズもたくさん売ってました。 心を鬼にして買わずにその場を後にしました。


小さい子どもさんを連れておられた方が多かったです。 言葉をようやくしゃべるようになった幼児がどの動物を見ても「ワンワン」と言ってるのがかわいらしかったです(笑)


楽しい展覧会でした。

 

nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:アート