So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

海街diary  [映画]


海街a.jpg
 
 
是枝監督作品です。
カンヌ映画祭で注目されてましたね。

是枝監督の作品は結構、観ているのですがこの作品については観るのはどうしようかな?と思ってました。
最近わりと早くテレビで放送されるのでそれを待ってもいいかな?とも思ってたのです。
なのでいつから公開されるのかよく知らなかったのです。

よく読んでいるブログでこの映画を紹介されていてその方は原作も読んだ上で「観て良かった!」と書いておられたので興味を持ちました。

Yahooの映画レビューもほぼ高評価でこれは観た方がいいかもしれない、と思って水曜日のレディースデイで観てきました。

淡々と描かれるとのことでしたので寝てしまわないかと危惧してましたが全然そんな心配は不要でした。

父親が別の女性と家を出てその間に生まれた少女、すず。
その父親が亡くなり、既にすずの母親も亡くなっており、継母と連れ子と暮すことになるすずは中学1年生。


長女の幸(さち)は葬儀の帰り際すずに「一緒に暮さない?」と提案します。

この提案は原作を読んでいたらすっと理解できるのかもしれませんが、唐突過ぎてちょっと違和感ありました。
父親の葬儀に出席し、その継母の様子を見てすずの居場所がないと感じたのはわかりますが。

小さな喧嘩をしながらも仲良く暮す姉妹。
いい雰囲気を感じることができて映画としてはとても良かったです。。

ただ、腹違いの姉妹ってもっともっと葛藤があるのではないかしら?
まぁ、いろんなケースがあるのは確かだけれど。
原作にはそのあたりのことも描かれているのでしょうか。 


わき役の豪華な配役にはびっくりでした。
そこまで豪華メンバーにしなくても・・・とも思いました。


桜のトンネル綺麗でした。

長澤まさみさん、ほんとスタイルいいですね。
脚が長くて羨ましい。普通、脚が長く見えてもヒールが10cmくらいだったりするんですがべた靴でしたもん。


是枝監督作品では「歩いても 歩いても」という映画が好きでしたがそれに次ぐ好きな作品かな?

日常を淡々と描いていてその中になにか感じさせるものがあります。

普通の光景にすぐに涙してしまう年齢になってしまいました。
 
公式サイトはこちらです。
 
 

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

舞洲ゆり園 [おでかけ]

一度は訪れてみたかった舞洲ゆり園。

招待券と優待券が手に入ったので夫と行ってきました。 

ユニバーサルシティ駅で若い人たちがどっと下りて車内に残ったのは年寄り組です。(笑)

バス停は長蛇の列。臨時バスが次々来るのでバス内はおしあいへしあいではなくてよかったです。 

sIMG_1957.jpg 

 

ゆり園に入ると海が見渡せるので 「おぉ!」 と なります。

sIMG_1962.jpg 

ゾーンがいくつかに分かれています。 

sIMG_1958.jpg 

 

流れ作業のように通路を歩いていくのですが結構広い園なので1周したら満足でした。

sIMG_1960.jpg 

ゆりの甘い香りも慣れちゃいますね。

sIMG_1966.jpg

 

sIMG_1973.jpg 

 

sIMG_1975.jpg 

 

遠くに見えるのは大阪市環境局の建物。ごみ処理施設です。 ここも見学してみたい建物です。行き方がわかりました。

sIMG_1976.jpg 

 

sIMG_1987.jpg 

 

同じような写真が続きます・・・ 

sIMG_1992.jpg 

 

 

sIMG_1999.jpg 

 

 

sIMG_2000.jpg 

 

sIMG_2005.jpg 

 

 

F0622a.png 

 

まだ3周年なんだそうです。

一度行ったら満足かな?

空き地を有効利用されていていいんじゃないですか。 

 

続きを読む


nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

矢田寺の紫陽花 [おでかけ]

奈良県にある矢田寺の紫陽花を見に行ってきました。

9時過ぎに着いたらとても人が少なかったです。10時頃からぼちぼちと人が増えてきます。

sIMG_1844.jpg 

お寺の正式名称は金剛山寺なんですね。矢田山にあるので矢田寺と通称で呼ばれているようです。

ほぼ毎年訪れているのですが昨年は行けなかったので今年は是非にと、訪れました。

sIMG_1908.jpg 

 

谷に紫陽花がたくさん咲いています。 

sIMG_1859.jpg 

私のカメラでは綺麗に色が出なくて残念です。

sIMG_1861.jpg

足もとが濡れていたので滑りやすくマイペースでゆっくりと下りたり、上ったり、です。

人が多いとなかなか大変だと思います。 

sIMG_1880.jpg 

 

ピンクとブルーのペア。 

sIMG_1884.jpg 

 

見本園が別にあってそちらの紫陽花です。

名札がきちんとあるのですがメモしていなくて・・・ 

sIMG_1889.jpg 

 

sIMG_1893.jpg

 

これだけは覚えました。 紅てまり。 ↓ 清楚でかわいらしいです。 本日の一番の紫陽花。

sIMG_1896.jpg 

 

 色とりどりの紫陽花 

F0615c.jpg 

 

お地蔵さんと紫陽花。 

sIMG_1914.jpg

 

 

sIMG_1918.jpg

 

sIMG_1921.jpg

 

白いのは墨田の花火かな? 星みたいで綺麗でした。 

sIMG_1931.jpg

 

 

 

sIMG_1945.jpg 

 

 


 

これは菩提樹。 

F0615b.jpg 

 

沙羅双樹と言われてますが夏椿ですね。 

F06115a.jpg

 

 

 

締めくくりは もう一度、紫陽花 で。

sIMG_1927.jpg 

sIMG_1942.jpg 

 


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

白鷺公園の菖蒲 [おでかけ]

堺市にある白鷺公園に行ってきました。

こちらへ菖蒲を見に来るのは初めてです。

何年か前に蓮を見に蓮池には訪れたことがあります。 

sIMG_1843.jpg 

川沿いに植えられていて思ったよりたくさん植えてありました。

既に終わってるものもあり、見頃は過ぎていたかもしれませんがそれでも十分楽しめました。 

sIMG_1782.jpg 

 

sIMG_1784.jpg

 

sIMG_1794.jpg

 

sIMG_1807.jpg

いろんな品種が植えてありました。

奈良県の馬見丘陵公園にも菖蒲池があり毎年行ってるのですがこの日はイベントが行われていて人が多いだろうと予想してあえてこちらへ見に来ました。 

 

 

sIMG_1824.jpg

 

sIMG_1810.jpg

 

sIMG_1822.jpg 

 

sIMG_1832.jpg

 

菖蒲池に蓮もあり一輪だけ咲いてました!

sIMG_1813.jpg 

 

さすがに蓮池の方がまだ蕾も少なくてこれからでしょう。

蓮池の方にも菖蒲が植えてありました。 

sIMG_1840.jpg 

 


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

宮脇綾子の世界展 [美術]

「生誕110年記念 布で描いたアプリケ芸術 宮脇綾子の世界展」
 
0606a.jpg

何年か前にも展覧会に行ったことがあるのですがアプリケをするきっかけを改めて知りました。
多分以前の展覧会でも説明してあったのかもしれませんが記憶してませんでした。


<戦争が終わった時「空いた時間を使って何か自分の仕事をしてみたい」と思い立ったのが、身近にあった古裂(ふるぎれ)を素材にしたアプリケ> (HPより抜粋) だったそうです。
 
貧しい暮らしで厳しいお姑さんのもと、息抜きでもあったようです。

旦那さんは画家だったのですね。
これも改めて認識したことです。

もともと絵心があったのでしょう。
そして身近に画家がいることでよりセンスが磨かれたのでしょう。


ひとつひとつのアプリケの主人公(野菜だったり、魚だったり)が命を吹き込まれたように活き活きしてるんですよね。
こちらに何かを語りかけてくるような気がして仕方がなかったです。

そしてそれらがなんとなくユーモラス。

布の素材を見事に活かしてあります。
細かな作業で感嘆です。


絵心があったからこそ、「毎日色紙」を2年ほどだったか続けられたのでしょう。
今の絵手紙のような感じ。

好きなことに打ち込めるっていいですね。
40代から始められたんだそうです。
凄いですね。
 
F0606.jpg 
 
 

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

表参道界隈 ビル探訪 その2 (東京ツアー ♯6) [建築]

再びおつきあいください。 

 

表参道ヒルズ

sIMG_1664.jpg

 

 

このビル ↓ も目を引きました。 向かって左側はBOSSストア表参道店。 隣はTOD’S表参道ビル

sIMG_1660.jpg 

 

ルイ・ヴィトン表参道ビル 

sIMG_1665.jpg 

 

日本看護協会ビル 黒川紀章の設計。木でみえにくいですが右端が円錐形になっていて奇抜ですね。 

sIMG_1667.jpg 

 

ディオール表参道 上の星形がいいですね。 

sIMG_1670.jpg 

sIMG_1671.jpg

 

明治神宮前駅まで歩いてきました。

その交差点にあるのが東急プラザ表参道原宿

sIMG_1682.jpg

その入り口はピカピカ

sIMG_1674.jpg 

 

屋上に木が見えてますが「おもはらの森」として木々に囲まれたカフェスペース(スターバックス)があります。 

sIMG_1681.jpg 

 

もう少し行くと コープオリンピア 

東京オリンピックの翌年に完成した高級分譲マンションだそうです。 

sIMG_1685.jpg

壁が痛んでますがデザイン的には全然古さを感じませんでした。 

 

そして最終地点の原宿駅です。

sIMG_1693.jpg

 

この横断歩道のところで凄い高いビルが目に入りました。

sIMG_1692.jpg

一瞬ここはどこ?日本にこんなビルがあるのかと驚きました。エンパイヤーステートビルみたい・・・。

帰ってから調べるとよく検索されるようで すぐに判明しました。 NTTドコモ代々木ビル(通称ドコモタワー)なんだそうです。

 

 

 

おのぼりさんよろしく、パチパチと写真を撮って楽しんできました。

お洒落だったり、個性的だったりと面白かったです。設計者とかもっと調べたら益々面白くなるかしら?

 

数年前にこの表参道を歩いた時には 全然これらのビル群は目に入ってませんでした。

事前にビルのことを知ると見るのがほんとに楽しくなります。

 

ビルとは関係ないのですが 地下鉄の駅へ下りる階段近くには灰皿が置いてあるせいか喫煙スペースみたくなっててタバコ臭が気になりました。

それとこの界隈、平日なのに凄い人混み。

大阪でも平日はこれほどではないような気がします。パンケーキ屋さんだかなにかしらないけれど凄い行列がありました。イベントがあったのかもしれません。

 

 

これで東京ツアーの案内はおしまいです。

どうも長々おつきあいありがとうございました。

 

 

 


nice!(13)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

表参道界隈 ビル探訪 その1 (東京ツアー ♯5) [建築]

表参道界隈のビルの写真の羅列になりますがよろしければおつきあいください。

コレッツィオーネ 安藤忠雄氏の雰囲気です。

sIMG_1583.jpg 

 

フロムファーストビル 

sIMG_1581.jpg 

 

ヨックモック青山本店

sIMG_1578.jpg 

 

カルティエ 青山店 

sIMG_1577.jpg 

 

プラダブティック 青山店

sIMG_1575.jpg 

 

Aoビル このビルすごく目立ってまして思わず写真を撮りました。

sIMG_1655.jpg 

 

 

岡本太郎記念館のすぐ近くに根津美術館があります。

sIMG_1587.jpg

この美術館もタイミングがなかなか合わず、訪れる機会がなくて残念です。

ちなみに設計は 隈研吾氏です。

表参道駅近くにも隈氏設計のビルがあります。ONE表参道

sIMG_1656.jpg 

sIMG_1659.jpg 

 

外苑前の梅窓院というお寺も設計されています。 

sIMG_1696.jpg 

Fok3.jpg

 

 

ここで一休みします。

 

 


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

浜口陽三・丹阿弥丹波子の二人展 (東京ツアー ♯4) [美術]

「ミュゼ 浜口陽三 ヤマサコレクション」で開催中です。
sIMG_1770.jpg
 
 
sIMG_1768.jpg 
 

  
 
浜口陽三の作品はは多分、奈良学園前にある中野美術館で観たことがあるような気がします。
そのときは「ふ~ん・・・」という感じでした。
その製作方法まで知らなかったのです。
たまたま日曜美術館でこの展覧会を詳しく紹介されていて 「カラーメゾチント」 という独自に編み出した銅版画であることを知りました。

もう1人、丹阿弥丹波子さんもその手法なんだそうです。丹阿弥さんは白黒の作品でした。
 
sIMG_1772.jpg 
 
丹阿弥さんは女優の丹阿弥谷津子さんの妹さんであることがこのギャラリーの映像を見ていて知りました。
そういわれたら珍しいお名前だけれどどこかで耳にしたことがある苗字だな、と思ってました。
お顔も似ていらっしゃいます。


原版も展示してありましたし、技法も体験できるように置いてあったのですがこれでこんな陰影をつけた緻密な絵が表現できるのかと驚きです。


浜口陽三の原版は限定枚数が刷り終わったらこれ以上刷れないように線を引かれてました。


実は浜口陽三のことは南佳子のだんなさんと聞いて知ったのです。
 
いろんな繋がりがあるんですね。
 
 

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート