So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

「陸王」 池井戸潤 [本]


陸王

陸王

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

この著者の本を読みたいと思いながらご縁がなくてそうこうしていたら「半沢直樹」シリーズがテレビドラマ化されて人気を博したゆえに逆に引いてしまいました。なので初めて読むことになりました。


埼玉県行田市にある老舗足袋メーカーのお話。 売り上げがじり貧するなか新規開拓事業としてランニングシューズの開発に取り組みます。

足袋とシューズでは「ちょっと分野が違うんじゃないの?」と思いますが5本指のランニングシューズを見て思いつくのです。地下足袋の技術を応用できないかと。


涙ぐましい開発です。裏切りもあり心が折れてしまいそうです。ましてや資金源も必要となり社員の生活もかかっているし、会社を経営して持続させることの難しさを感じさせます。


会社経営の話とマラソン界の話も合わさってとても面白い小説でした。

半沢直樹シリーズも面白そうなのは想像できます。


この秋テレビドラマ化されるそうですが社長役は役所広司さんだそうです。 う~ん、私のイメージと少し違うのですがそれらしく演じられるのでしょう。ドラマを見るのかどうかはわかりません。




友人がこの夏、蓮を見に行田市を訪れたらこの小説の人気にあやかって町おこしをしているみたいな感じだったそうです。その話を聞いて直後にこの本を読むことになりこれも何かのご縁でしょうか。


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 2

mirro

職人気質溢れた本のようで面白そうですね!

どこの町?村?も何かきっかけに町おこしするようですが、
変に画一化されて何だかなぁ・・のところもありますよね。

by mirro (2017-09-01 14:36) 

つぐみ

社長は職人ではありませんが職人肌のタイプだと思いました。
町おこしの例を実感したことがないのでよくわかりませんがいろいろご苦労がおありなんだと思います。
by つぐみ (2017-09-02 22:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。