So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の10件 | -

北斎 富士を超えて [美術]

今回とても有名になった?あべのハルカス美術館で11/19まで開催しています。


この看板の下は長蛇の列です。

s-IMG_8653.jpg





hoku3.jpg



混雑は覚悟していました。チケットを買うのに30分、整理券配布で1時間半待ちでしたが指定された時間にはすぐに入れました。1人だと断念していたと思います。友人と一緒だったので時間もつぶせました。
事前にチケットを買っておけば購入に並ぶ必要はなかったのですが朝日友の会の200円引きにこだわってしまいました。
入ってすぐは混雑してましたが後の方は合間から観たり、前列にも入れたりしてあの混雑の割にはよく観られた方だと思います。
もっとも富嶽三十六景は今までにも観ているのでスルーしました。
今回直筆が多く、また応為の絵もあったのでそれらをメインに観ました。
s-IMG_20171116_202642.jpg この絵をみたさにあえて混雑を承知で行きました。離れてみた方が明暗がくっきりするのですがなにせこの混雑、人が多くて遠くからは観られません。でも前列で観られたことに満足です。
hoku4.jpg  この菊も艶やかでした。

hoku2.jpg




これも観たかったものの一つです。

hoku5.jpg



若冲を連想した作品群があったのですが隣で観ていた人も同じことを思ったようで口にしておられました。

花と鳥のとりあわせの作品もよかったです。他ではあまり見ないような作品が展示されていたように思いました。


絵に対する執念のようなものを感じました。そういう思いがあるから長生きできたのかなぁ、と一緒に行った友人と話しました。




夜景を撮る機会もあんまりないので。

s-IMG_8655.jpg



大人気の展覧会でした。応為の絵が展示されていなければパスしたと思いますがこれもご縁ですね。


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

三沢厚彦 アニマル謎の館 [美術]



171109mi1.jpg



三沢厚彦さんの「アニマル」達に久しぶりに会ってきました。

この子だけ写真OKでした。

s-IMG_8465.jpg

 

コラボ展覧会でなんと舟越桂さんの作品も展示されていました。

171109mi2.jpg

 

名前のとおり「謎の館」でした。

 

この建物も有名だそうでなかなか凝った造りでした。館内は撮影禁止で残念です。建物内に噴水がありそれを窓から見下ろせます。

s-IMG_8468.jpg

 

 

 

先日の高低差の講演で「東京は谷が多い」と聞きましたがその関係なのか坂が多いですね。小石川植物園付近もそうだったしこの松濤美術館あたりも坂がありました。

面白かったのが京王井の頭線神泉駅です。トンネル内に駅があります。不思議な地形です。

s-IMG_8477.jpg

 

近くの松濤公園。何故か水車がありました。 仕事中の男性の出入りが多いなぁと思っていたら喫煙所があったのです。


s-IMG_8471.jpg



東京編はこれで終わりです。 2日目は3カ所、回ったので22000歩以上歩きました。 目的地で歩いたことより乗り換えの距離の長さに辟易としました。東京メトロから都営地下鉄に乗り換えの時、延々と歩かされた感じでした。エスカレーターも長いです。


東京駅も何度行っても迷子になりそうです。コインロッカーに荷物を預けてもちゃんと取りに行けるのか心配になります。なんだか最後は愚痴になってしまいましたが楽しんできました。


旅行用の軽いリュックを物色中です。どなたかお勧めがありましたら教えていただきたいです。




nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

東京にて その2 [おでかけ]

安藤忠雄展で東京へ来たので少しだけあちこち回りました。


六本木ヒルズの毛利庭園。思ったより小さい庭園でした。

s-IMG_8407.jpg


s-IMG_8409.jpg



毛利庭園へ行く途中東京タワーがなんの障害物もなくクッキリ見えてちょっとびっくりしました。

s-IMG_8403.jpg



このビルはなんというビルなんでしょう? こんな風に見えるようにデザインされているんですね。東京では有名なんでしょうがこれにもびっくりしました。

s-IMG_8412.jpg



夜の東京ミッドタウンから。 奥に見えるのも東京タワーです。 本格的なイルミネーションには早くてちょっと残念でした。

s-IMG_8422.jpg




//////////////////////////////////////////////////////////




湯島天満宮へも行きました。


新幹線に乗るまでに時間調整で行きました。菊花展開催中ということもありました。都内の真ん中の下町にあるせいか三々五々人が参拝にこられてました。

s-IMG_8486.jpg

 

境内では音曲漫才?の類のミニコンサートをしてました。アコーディオンとウッドベースとボーカルの3人。中年のメンバーで昭和の名曲を次々歌っておられました。周りは人だかりで私はみていないのですが1000円札も投げいられていたそうです。

菊花展

s-IMG_8489.jpg

page171109y1.jpg

 

s-IMG_8522.jpg

 

直虎にあやかって・・・

s-IMG_8509.jpg

 

天満宮は梅ですよね。

s-IMG_8531.jpg

 

もう1カ所、行ってます。渋谷区立松濤美術館で三沢厚彦さんのアニマル達に会ってきました。後ほど載せます。

 


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

東京にて その1 [おでかけ]

安藤忠雄展で東京へ行ったついでに少しあちこち回りました。




植物園に行きたいという夫のリクエストでここに行きました。東京大学の付属植物園で研究目的なので園芸品種はほとんどありません。私は森林浴に来た感じです。

本館がかっこいいです。

s-IMG_8424.jpg

 

日本庭園

s-IMG_8440.jpg

 

旧東京医学校本館 東大医学部の前身でこちらへ移築されたそうです。

s-IMG_8445.jpg

この植物園に隣接していますが植物園を出ないと行けなかったので園内からの撮影です。この建物もかっこいいです。さすが東京大学です。今調べていたら中に入れたようでした。惜しいことをしました。

 

大銀杏

s-IMG_8429.jpg

 

この日はいいお天気でした。お月様が顔を見せていました。

s-IMG_8427.jpg


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

安藤忠雄展 挑戦 [おでかけ]



s-IMG_8397.jpg

 

東京まで行っちゃいました。

以前サントリーミュージアムで安藤忠雄展があったのですが今回は「光の教会」を再現していると聞いて行きたくなりました。大阪府茨木市にある教会ですが信者でもないのに訪れるのは迷惑な話でしょうからこういう機会でないと見ることはできないと思ったからです。

「光の教会」についてはこちらの本が詳しいです。建築関係の方がまとめておられますがドキュメンタリーな感じで素人にもわかりやすく書かれています。

光の教会―安藤忠雄の現場

光の教会―安藤忠雄の現場

  • 作者: 平松 剛
  • 出版社/メーカー: 建築資料研究社
  • 発売日: 2000/12/01
  • メディア: 単行本

 

好評でチケット購入や入館にも待ち時間があるかと心配していたのですがスムーズにチケットも買えたしすぐに入れました。館内は特に最初の方は混雑していましたが後半はほどほどな感じでした。

前回の展覧会では公的な建物が多かったように記憶しているのですが今回は個人宅の映像もあり、網羅している感じがありました。

何人かのクライアントにアンケートをされていました。

何故安藤さんに依頼したのか、経過はどうだったか、住み心地はどうか?

神戸の海の近くに建つ家はテレビでも見たことがあったのでアンケートの回答は興味深かったです。この方は工務店を経営されていてあえて安藤さんにお願いしたそうです。設計も勉強されていたそうで提示された案が不満なら修正をお願いするつもりだったそうですが想像をはるかに超えるもので手を加える余地はなかったそうです。

気になるのが住み心地です。「台風の時は大変やよ。」と安藤さんに言われていたそうで確かに大変だけれど慣れてきてそれを楽しむようになったとか。

どの方も最初は戸惑うようですが慣れてくると住み心地はいいと答えておられました。「住めば都」ではないけれどそれなりに楽しめる余地があるように思います。そしてなにより「安藤ブランド」の心的達成感みたいなものもあるような気がします。

ほんとに数多く手がけられているのに驚きます。私は知らなかったけれど大阪市内の個人宅も何軒かありました。

館内には安藤さんのエネルギッシュさが充満していました。

以前にも書いたことがあるのですが初めて安藤さんの名前を知ったのがたまたまテレビで見た「住吉の長屋」のドキュメンタリーの番組でした。恐らく途中からではあったと思うのですが何か惹きつけられて見ました。30年くらい前で建築業界では有名だったのかもしれませんが当時一般的にはほとんど知られていなかったのではないかと思います。長屋の1軒を建てかえるということ自体びっくりしました。そして部屋の移動に傘が必要というのもびっくりです。これは建ぺい率の関係であったことは後で知りましたがそれでも間に空間を作って部屋に光を取り入れるという意図があったのでしょう。コンクリートの打ちっ放しでミキサー車も入りにくい狭い道でかなり困難を極めたものだったと記憶しています。できあがった家を映像で見ていて正直とても住みにくそうでした。ずっと住み続けられるのかなぁ?と他人事ながら気になっていたのでしょう。

その後「住吉の長屋」として話題に上ることが多く建築関係の重鎮が「住み続けてくれた方に感謝しなくちゃいけない」という意味のことを言われたそうで安藤さん自身もそれは常々おっしゃってます。

困難も苦にされない感もありますし、「あきらめない」という姿勢はすごいです。

表参道ヒルズだったかなかなか住民からの賛同が得られず苦労されたそうですがとことん話し合うという姿勢で臨まれたと本で読んだことがあります。相手が根負けするのかなぁ、と思ったりもしますがどうなんでしょう(笑)

最近は古い建物の補修と保存にも力を入れておられるようです。その展示もありました。

また植物、樹木の植樹にも力を入れておられます。私達夫婦も平成桜の通り抜けには寄付をして桜が植えられてその場所には毎年ではないけれど見に行ってます。ちょうど造幣局前なので今回展示されていた上空写真にもちょっとだけ写ってました。なんだか一等地に植えられているなぁ、とほくそ笑んでいます。またこの場所は私自身の分岐点の場所に近いのでなんだか感慨深いです。

今回の「光の教会」の再現は建築申請をして建てられたと聞きました。会期が終わったらどうなるんでしょう?気になります。

ちょうど朝日新聞で安藤さんへのインタビュー記事が13回に分けて掲載されていました。それによるとこの展覧会も「光の教会」の再現も自費だそうです。今後「住吉の長屋」も再現するそうです。どこに作られるのでしょう?記念館でも作られるのでしょうか?

 

再現された光の教会は撮影可能でした。

s-IMG_8366.jpg

s-IMG_8354.jpg  常に人がいますが座席が写って人がいる方が教会らしくていいような気がしてあえてこんな写真を載せます。

s-IMG_8363.jpg

 

 

直島のインスタレーションも撮影可能でした。美しい映像でした。手を動かす安藤さん。展覧会の最初の所でもスケッチが展示されていましたが絵もお上手です。

sx-IMG_8378.jpg

直島へは行ったことがないのです。なかなか行けないなぁ・・・。

 

全然安藤さんに興味のない夫も「1500円は安いなぁ」とのたもうておりました。

見ごたえのある展覧会でした。

 

 

新国立美術館の建物もいいです。

page171108b.jpg


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大阪の「高低差」を楽しもう! [本]



凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

  • 作者: 新之介
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

先日この本の著者である新之介さんのブックトークサロン(講演会)に申し込んで参加してきました。 先着順で申し込んでいたのですが満席だったようですし空いている椅子も数えるほどでした。


この本をどこで知ったのか忘れてしまいましたがこの方、「ブラタモリ」の案内人を務めた方です。大阪高低差学会代表という肩書きをお持ちです。



講演会ですがあっという間の2時間でした。 200枚もの写真を持ってこられていたそうで冒頭から「早口になりますがご容赦を・・・。」ということでしたがその甲斐あって?30分前に終了し質問をたくさん受付されました。


こうして書き出すとすっかり忘れているのですが「ブラタモリ」の真田丸の回には案内人に苦慮された結果新之介さんに「白羽の矢が立ったようです。」とおっしゃってたのが印象に残っています。確かに定説がないだけに見解が分かれているようで片方の「先生」だけをお呼びするのはできなかったのでしょう。そして一般人というのが差し障りなくお眼鏡にかなったのでしょう。


お話の端々からとても勉強されていることがわかります。地形図はもちろんその他いろんな資料に当たられているようです。最近は日本書紀や万葉集も勉強し始めてるとおっしゃってました。



東京は「谷」が多いそうですが大阪は「州:しま」が多いんだそうです。 

上町台地の散策が面白いというのは納得ですね。きちんと回ったことはないけれど。



質問コーナーで学生に地理で地形の面白さを教えるのだけれど「これは何に役立つんですか?」と問われて返答に困るということでした。


新之介さんも「確かに私も若い頃、全然興味がなかったです。歴史は暗記物というイメージがあって嫌いでした。今すぐには役に立たなくてもでも年を経てきっとその勉強が役立つことがある、と思いたいです。」というような返答をされてました。


そして参加者からその返答をふまえて「実地にあたるとその経験がきっと後年生きてくるはず。」とおっしゃいました。



そうですよね。私もそうです。地理に限らず桜の花だってこんなに愛でるようになるとは思いませんでした。「咲いて当たり前」でしたもんね。


他にもいろいろ質問されてましたがみなさんもいろいろ勉強をされておられるようで感心しました。



大阪でお気に入りの場所は「天王寺の美術館前の階段あたり」とおっしゃてました。私の写真では階段が写ってなくてその落差がわからないのですがこの場所だそうです。


s-VFSH0006.jpg



私の知ってる場所なのでちょっとびっくりしました。ここまで海だったのだと誰かに教わって「そうなんだ・・・。」と遙か遠い昔に思いを馳せたことがありました。



なかなか楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。



nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

読書記録 2017.10 [本]


宮辻薬東宮

宮辻薬東宮

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


この書名はなんだろう?と思ったら5人の著者の名字の頭文字でした。有名どころの著者のアンソロジーということで予約して読みました。

宮部みゆき 『人・で・な・し』

辻村深月 『ママ・はは』

薬丸缶 『わたし・わたし』

東山彰良 『スマホが・ほ・し・い』

宮内悠介 『夢・を・殺す』

 

宮部さんの作品を読んだらなんと「ホラー」だったのです。え!という感じでしたがホラー好きの人が読めばこんなのたいしたことないのでしょう。そしこのアンソロジーは次の人へバトンを渡すというシステムなんです。次を引き継ぐのはなかなか難しいことだと思います。ただ最後の宮内さんの作品はちょっとなじめないまま読み終わりましたが面白い企画でした。

 

----------------------------------------


近藤さんの作品は好きなのですがミステリーが多いのでそれを避けて読んでます。特に自転車ロードレースのシリーズは大好きです。他にも「ビストロ・パ・マルシリーズ」があるようですがこちらはまだ未読です。 この本は海外のスイーツを織り交ぜて描かれています。これもシリーズ化されるのでしょうか。

アラフォーの独身女性が主人公。その彼女が家の近くで感じの良いカフェをみつけます。なんとそのカフェのオーナーは会社の後輩だった女性ですぐに辞めてしまった人でした。驚きながらも仲良くなりまた落ち着くカフェなので足繁く通いそこで起こる出来事の連作短編集です。

近藤さんの作品ってちょっとスパイスが効いていることが多くこの作品もそうでした。でも前向きな感じで終わってます。

お気に入りのカフェがあってそこのオーナーと仲良くなっていろんなお話ができるっていいですよね。

 

----------------------

瀬尾さんの作品も好きで新刊が出たら必ず読んでます。この作品は「あと少し、もう少し」という作品に登場した男子が主人公。新学期に赴任してきた若い中学美術教師が陸上部の顧問となり駅伝大会に出場することになり、不良の太田が寄せ集めメンバーの一員となります。

その太田が高校に入学して学校になじめずにいるところへ先輩から夏休みに事情があって1ヶ月、子守というより保育を頼まれてしまいます。その子どもとの出会いと別れを描いてあります。

読みやすい文章なのでなんだか育児エッセイを読んでる感じでした。ちょっと物足りない感もありますが気持ちが温かくなります。

瀬尾さん、結婚されて子どもさんも生まれてるようでそんなことからこんな作品ができたんでしょうね。

 

太田君登場の小説

------------------------------------------

とある造船会社内の人間模様。章ごとに主人公が変わり、その仕事ぶりや人間関係を描いています。人数を少なくしてもうちょっと掘り下げてもよかったかな?という気もしました。サイドストーリーがあれば楽しめるかもしれません。

 

どの本も次に待ってる人がいるので大急ぎで読みました。
予約者が多い本ってそれなりに楽しめることが多いです。
それにしてもやっぱり女性の作家の本が多いです。


nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:

有元利夫展-物語をつむぐ [美術]





s-ari djpg.jpg




台風接近で雨が降りしきってましたがまだ風がなく友人と約束していたので強行して行ってきました。延期すると11月末になってしまうので・・・。
宮本輝の小説の表紙を見て気になっていた画家で関心を持ったときには既に亡くなっていて衝撃を受けたのを覚えています。
それ以来、展覧会があれば行くようにしています。京都、明石、東京、これで4回目かな?



s-arimoto c .jpg







s-20171022_115852.jpg





page171022.jpg



展示数は少なめでしたが新館が狭いのでそれぞれの絵が四方八方から迫ってくる感じで親近感ありました。



台風の割には雨風は、ましで無事に行くことができました。 日曜日ということもあったのでしょうが台風の割に思ったより人が来られてました。お天気が良かったらもっと人が多かったのかもしれません。





nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

馬見丘陵公園 (10/16) [おでかけ]


雨が降る中、馬見丘陵公園に行ってきました。 ここのダリアも毎年みているので見に行かないと気がすみません(笑) まずはコスモスから。

s-IMG_8264.jpg   



シンボルツリーのようだった大きな木がなくなってました。枯れたのか?見栄えを優先したのか定かではありませんがスッキリはしました。でもちょっと寂しくもあります。

2015.10撮影 ↓

s200-IMG_2812.jpg




s-IMG_8333.jpg




s-IMG_8275.jpg







ダリアの饗宴?競演?

page171016b.jpg




s-IMG_8302.jpg



s-IMG_8312.jpg




ミニ花壇もかわいらしかったですし、支柱ががないので写真写りがいいですよね。

s-IMG_8313.jpg




花たちは降り続く雨で下を向いていて空に向かうダリヤアは少なかったです。

s-IMG_8324.jpg






鮮やかな花壇

s-IMG_8327.jpg




ハナミズキの葉が紅葉しています。たくさん実がなっていました。


page171016a.jpg



スイフヨウ(酔芙蓉) 名前通りお酒に酔ったように白からピンクに変わってますね。

s-IMG_8344.jpg




カリヨンの丘にもコスモスが植えてありましたが雨でちょっと元気がなかったです。


s-IMG_8341.jpg



小雨になったり雨足が強くなったりでしたが楽しんできました。

それにしても雨が続きますねぇ・・・。


セリーグのクライマックスシリーズ、15日の甲子園だから試合をできたんだろうけれどそれでもあんまりなグラウンドでした。相手チームも同じ条件とはいえ・・・。

今後の課題にしてほしいです。




nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

茶屋町・中崎町 [おでかけ]

「大阪あそ歩」が企画している町歩きに参加してきました。いろんなコースが設定されていて私と友人が参加したのは「蕪村が流浪った菜の花道と無国籍シティ・迷宮の中崎町路地裏を歩く ~月は東に 日は西に~」というコースです。


中崎町界隈は最近注目されていておおざっぱには歩いたことがあるのですが小さな路地まではわからずまた入っていく勇気もなくてこうして案内してもらえるとよくわかります。


茶屋町辺りも大きなビルが建ってユニークなショップも増えてきて繁華街ゾーンになってますね。


ユニクロビルのそばにもこんな碑があるのを初めて知りました。展望台だったそうですがこの名称すら初めて知りました。


s-IMG_8189.jpg




茶屋町画廊まえにもこんな碑がありました。 8月に行った時にあるのには気がついてましたが素通りしてしまいました。上の写真は与謝蕪村の碑、下の写真はこの辺りにあった茶屋の碑です。 鶴が飼われていたそうでこの名がついたそうです。

page171011a80.jpg



綱敷天神社 御旅社 こんな所に神社があるのも知りませんでした。

s-IMG_8206.jpg




この神社内にある玉姫稲荷神社  

s-IMG_8203.jpg



神社の裏側にこんな自動販売機が設置されています。ユニークですね。

s-IMG_8198.jpg



歯神社。綱敷神社から少し離れていますがこちらも綱敷天神社の管轄だそうです。 淀川の氾濫を防いだ巨石があったそうでそこから「歯止めの神様」と慕われたそうです。
s-IMG_8262.jpg




梅田芸術劇場のすぐそばに与謝蕪村の碑があります。「月は東に日は西に」 ここから菜の花畑がのぞめたそうです。


s-IMG_8208.jpg




---------------------------------------------------------------


ここからは中崎町界隈に入ります。


現役の井戸のようです。

s-IMG_8214.jpg




古い建物がまだ残っています。


s-IMG_8217.jpg





楽しげなお店がたくさんあります。

page171011b80.jpg





白龍神社


page171011d.jpg





こんなお店もあります。


s-IMG_8235.jpg





大阪能楽会館。 諸事情で2017年12月末で閉館されるそうです。 移転先があればいいのですが・・・。


page171011c80.jpg






大阪韓国文化院。館内に入ると冬季オリンピックの案内がされてました。

page171011e.jpg







梅田をこんな方角からみたことはなかったです。

s-IMG_8258.jpg



中崎町は梅田のすぐ近くなのに昔の建物が残っていて風情があります。この風情を残そうと努力されている方達がおられるおかげでしょう。今後も残っていってほしいですね。

町歩きを楽しみました。

きちんと調べる時間がなかったので間違った記載があれば教えていただけたら幸いです。





nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -