So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の10件 | -

小磯良平と吉原治良 [美術]



180418a.jpg


小磯良平の作品は小磯良平記念館にも行ったことがあって何度か観ているのですが吉原治良の作品は単発で観ることがあってもまとまって観たことがなかったので行ってみたかったのです。


以前、私が観たことがある作品は晩年に近い作品が多かったようです。晩年の作品の方が好きかな?


吉原製油の経営者でもあったことは有名のようですが最初知ったときはちょっとびっくりしました。のんびりした時代だったのでしょう、工場内にアトリエを作って制作していたという話が載っていました。



小磯良平が「サンデー毎日」や「週刊朝日」の表紙など描いていたものが資料として展示されていました。


s-20180418_104613.jpg




美術館のいつも入る北口が工事で閉鎖されていて南口から入りました。グルッと横から回る感じでいつもと違う風景にちょっと癒やされました。


s-20180418_103859.jpg




せっかく神戸まで来たのでどうしようかと思案して同じ阪神沿線にある「白鹿記念酒造博物館」で「「笹部さくらコレクション」が展示されているのでそちらへ寄ることにしました。



nice!(8)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

中之島香雪美術館 オープン [美術]

中之島香雪美術館が2018年3月21日にオープンしました。  今回友人が招待券を入手したということで誘っていただき行くことになりました。


s-20180411_101735.jpg


香雪美術館は神戸の御影にあり、私も時々訪れていました。

大阪市の中之島にあった朝日新聞社のビルの建て替えに伴い中之島香雪美術館が新しくできたようです。今、調べてみると朝日新聞大阪本社はフェスティバルタワーイーストに引っ越していてウエストには主にホテルとこの美術館などが入っているようです。


///////////////////////  以下HPより抜粋

展覧会の概要 

香雪美術館の所蔵品の多くは、朝日新聞社の創業者・村山龍平(1850~1933)が収集した美術品です。国指定重要文化財は19点、重要美術品は23点を数え、時代や作家を代表する名品も多くあります。中之島香雪美術館開館記念展では、村山コレクションの中から約300点を選りすぐり、1年間、5期にわたって紹介していきます。これまで、まとまった形では紹介されてこなかったコレクションの全容を、初めて公開する機会となります。

///////////////////////



明治20年頃日本の美術品が海外に散逸していくのを憂い収集し始めたようです。そのために幅広いジャンルの収集となっているそうです。


前置きが長くなりました。


フェスティバルタワーウエストの4階にあります。

s-20180411_113834.jpg


写真の奥にみえるのは茶室です。神戸の自邸内にある茶室を再現しているそうです。


「珠玉の村山コレクション ~愛し、守り、伝えた~

1期は 「美術を愛して」


重要文化財を含んでいるとはいえ、特別有名な美術品があるわけでもないので「これが観たい」という物もなく、知識も持ち合わせていないのでザーッと観ていきました。なので特別な感想もないのですがそれでも日本人としての心意気というか誇りというかそんなことを感じました。人に見せるための収集ではないので地味な感じもしますがその謙虚さがにじみ出ているような気もしました。


正直なところ、二期以降も行くべきかなぁ、と迷っています。


1年間のコレクション展示を終えてから神戸と中之島とどういう棲み分けをしていくのか気になります。



------------------------------------------


ランチはイーストビル12階でいただきました。そのお店からの眺めです。


s-20180411_115252.jpg



中之島界隈は一流会社が軒(?)を並べていて憧れの場所でした。こういう場所でもう働く機会もありませんがやっぱりいい風景だなぁ、と思いました。














nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

チューリップフェア (4/9) [おでかけ]

馬見丘陵公園のチューリップフェアに行ってきました。このフェアもほぼ毎年訪れているのですが今年も行っちゃいました。桜の時期にも行ってて結構チューリップが咲いていたのでどうなってるかな?と思ってました。


s-IMG_9640.jpg



さすがに満開近くて圧巻です。 ネモフィラがちょっと少なめなのか?これから咲くのか?それが寂しかったですがチューリップフェアとしては十分見応えがあります。


s-IMG_9659.jpg




s-IMG_9672.jpg


s-IMG_9678.jpg


    s-IMG_9684.jpg  s-IMG_9693.jpg



s-IMG_9735.jpg



s-IMG_9738.jpg



s-IMG_9754.jpg



s-IMG_9759.jpg



s-IMG_9769.jpg




写真の羅列ですが・・・。今年は八重咲きのチューリップが少なくてちょっと残念でした。 万博記念公園でも赤・黄色がメインで今年はそういう色がはやりの年なんでしょうか?




スノーフレークの一画が今年もありました。

s-IMG_9671.jpg



写真を撮り損ねましたがハナミズキも満開でした。



page180409a.jpg



nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

智積院の桜 (4/5) [おでかけ]

養源院をあとにして智積院に向かいました。 HPではあんまりいい桜の写真が載ってなかったので桜には期待せず、新緑を楽しむつもりでした。 でも門のところのしだれ桜はかろうじて美しさを保ってました。


s-20180405_132540.jpg




境内の桜も数本なんとか写真に収めることができました。

s-20180405_132923.jpg



s-20180405_132957.jpg



まぁ、ソメイヨシノが終わってるこの時期にまだ桜が見られてよかったわ、と思いながら奥の方へ歩いていくと金堂の裏手の小高いところにピンク色が見えるのです! 桜じゃないの!と思ってなだからな坂道を歩いて行くと満開のしだれ桜があったのです!


s-20180405_133632.jpg



s-20180405_134207.jpg




s-20180405_134039.jpg



人知れず咲いている感じ。でもお墓や供養塔があるところでそっと見守っている感じがしました。




これは少し別のところです。

s-20180405_134338.jpg



なんだかすごく得した感じです。



金堂の方へ戻ってお参りしました。お堂の中へも入れるのです。

s-20180405_135322.jpg


s-20180405_134909.jpg




モミジが多いです。

s-20180405_135835.jpg



s-20180405_135900.jpg



有名寺院なんですが団体客とかぶらばければほんとに静かに時間を過ごせます。




nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

養源院 [おでかけ]

草乃しずか展のあとバスに乗って東山七条へ向かいました。


三十三間堂のバス停で降りて三十三間堂へは行かずに養源院に行きました。 桜よりは紅葉の方が有名かもしれません。



s-20180405_131828.jpg




モミジの新緑が美しいです。


s-20180405_131214.jpg



しだれ桜がまだ咲き誇ってました。


s-20180405_131300.jpg



しだれ桜が2本あるのですが曇り空だったのと人がベンチに座っておられたのでこういう角度になりました。


s-20180405_131439.jpg




帰路の参道。 この桜は散りかけてました。

s-20180405_131535.jpg




ひっそりとしたたたずまいで好きです。

このあと智積院に向かいました。


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

草乃しずか展 煌めく絹糸の旋律 [美術]


s-20180405_115750.jpg


草乃さんの展覧会へは2回目かと思っていたら3回目でした。最初の驚きから慣れっこになってしまってなんだか当たり前みたいに感じてしまって最初の感動を思い出すようにしました。一針一針集中して刺されていることと思います。


s-20180405_115715.jpg




刺繍するに当たってテーマを決めてそして勉強してそしてイメージを作って刺繍されているのでしょう。今回は「歴史に残る女性たちへの振り袖」を制作されています。


それぞれのイメージを解説されています。 私のお気に入りは「ヴィクトリア女王」の刺繍。ウイリアム・モリスのデザインを刺繍されたと書いてありました。そういう勉強もされているんですね。制作するにあたって染めの提案もされている感じでした。


正倉院の文様を帯に刺繍されていました。帯地に刺繍するのはたいそうチカラのいる仕事だと思います。

鳥獣戯画の刺繍もありました。


桜の刺繍もいくつかありました。




180405k.jpg



オーガンジーにも刺繍されていてどこまで挑戦されるんだ!と思いました。どれもこれも刺繍はもちろんですが色合いも美しいです。


草乃さんは70代だそうでまだまだ頑張られているようです。




このあとどうしようかと思案しました。せっかく京都まで来たのですがソメイヨシノは散ってるし今、桜が見頃のお寺ってあるんだろうか?と思いふと思い出したのが智積院です。京都駅からもまだ近いし、比較的人が少なめなので桜がなくても緑で癒やされるかと思ったのです。 バスに乗っていたらそういえば、智積院の近くに養源院もあったな、と思い出し三十三間堂のバス停で降りることにしました。


また後ほど。



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

万博記念公園の春 [おでかけ]

万博記念公園駅を出ると太陽の塔と桜が出迎えてくれました。


s-IMG_9554.jpg




公園の入り口に入るなり、「桜ガイドツアーに参加しませんか?」と声をかけられ、すぐに出発するというので参加することにしました。


ソメイヨシノは散り始めていて風が吹く度桜吹雪が舞います。ソメイヨシノの由来や歴史などお話されました。



オオシマザクラ

s-IMG_9572.jpg

5枚の花びらのなかにもう1枚花弁があるのです。「旗弁」(きべん、はたべん)というそうで八重になる手前の状態だそうです。下の写真の花の中央にぴらっと1枚花弁があるのがわかりますでしょうか。


s-IMG_9579.jpg


オオシマザクラにすべてこういう旗弁があるのかどうか聞きそびれました。でも検索してみると画像もたくさん上がっているのでオオシマザクラには旗弁があるのは特殊ではなさそうです。


オオシマザクラは葉っぱから匂いを放ちそれが虫を寄せにくくするそうです。ちなみに桜餅の葉っぱはオオシマザクラだそうです。

ほかにもいろいろ説明されたのですが印象に残ったのはこれだけなんです。



それから「シデサクラ」

page180403c.jpg

この桜は初めて見ました。桜とは思えないです。30分ほどのガイドでしたがなかなk興味深いお話でした。






s-IMG_9606.jpg




ウコン桜かなぁ?黄色い花弁です。これは日本庭園内にありました。

s-IMG_9623.jpg



日本庭園

page180403a.jpg




桜に似ているけれどハナカイドウ。

s-IMG_9620.jpg




チュリップも咲き始めてました。

s-IMG_9598.jpg


s-IMG_9599.jpg


s-IMG_9602.jpg




太陽の塔も内部公開が始まりました。まだまだ予約殺到で入れませんが・・・。

s-IMG_9610.jpg


s-IMG_9626.jpg



この辺りは桜の木も多かったのですが人も多かったです。桜見物の人が多いのですね。場所によってはそんなに人もいないところもありましたがやっぱりせっかくのお花見ですものね。桜の木の近くに行きたい気持ちはわかります。





nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

絞り染 ー布に咲く花ー [あれやこれや]

万博記念公園内にある 大阪日本民芸館で開催中です。まだ桜の名残があるかとちょっと期待しながら友人と行ってきました。


180403b.jpg



page180403b.jpg



180403a90.jpg



絞り染は主に下層階級の衣服や裏地に使われていたそうで意外な感じでした。戦国時代になって貴族階級の衣服が機能的なものが好まれるようになり、そこからいろいろ経ていろんな技法が考案されるようになったそうです。


絞り染の絞って染めた部分の糸を途中までほどいて柄を見せて工程が少しわかるような展示がありました。下絵も展示してあり、これを縫い縮めるとこんな風になるのか、これを染めるとこういう模様になるのか、と想像力をたくましくしないとわかりません。それくらい緻密な作業です。


大正期以降からの木綿の藍染めの展示品が多かったですがそれでもこういう手仕事が伝え続けられていることに敬服します。



古伊万里そばちょこの展示もありました。藤井寺市の住む佐藤禎三氏の寄贈品だそうです。藤井寺市の佐藤家といえば、お雛さまの特別公開で有名です。そのお雛さまの所有者の佐藤家の方かな?と思って家に帰ってから調べたらどうもそうのようです。以前おひな様を見に行ったときの様子はこちらです。



万博記念公園内の様子はまた後ほど。


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大和民俗公園の桜 2018.4.1 [おでかけ]


この公園には、しだれ桜がありほぼ毎年訪れています。



s-IMG_9456.jpg



s-IMG_9463.jpg




s-IMG_9445.jpg





s-IMG_9475.jpg




s-IMG_9480.jpg





この公園には古民家が移築されています。 ソメイヨシノと古民家。

s-IMG_9426.jpg


s-IMG_9490.jpg




ソメイヨシノもたくさんあります。例年は、しだれ桜とソメイヨシノは1週間くらいずれて咲くのですが今年は両方が一度に咲いてます。

s-IMG_9468.jpg




s-IMG_9497.jpg





s-IMG_9502.jpg


s-IMG_9533.jpg




博物館の外にはユキヤナギとソメイヨシノが満開でした。

s-IMG_9545.jpg




公園のそばの道路。

s-IMG_9553.jpg




上はヤマザクラ? 下はオオシマザクラ?

page180401a.jpg



いつもはもっとひっそりしているのですが、この日はさすがにいつもより人が訪れていました。それでも三々五々という感じで散歩されていました。



八重桜のサトザクラもたくさんあり、来週くらい咲くかもしれないです。



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

馬見丘陵公園 の桜 2018.3.28 [おでかけ]

一気に桜が見頃になり、どこへ行こうか迷いましたが馬見丘陵公園に行くことにしました。 チューリップの様子もついでにみてみようかと。


満開でした。


s-IMG_9363.jpg


s-IMG_9377.jpg



チューリップも結構咲いているところもありました。

s-IMG_9329.jpg



s-IMG_9322.jpg



s-IMG_9323.jpg






s-IMG_9346.jpg



s-IMG_9356.jpg





健気に咲いています。

s-IMG_9405.jpg



s-IMG_9413.jpg



チューリップフェアは4/7からだそうですが訪れるなら早めの方がいいかもしれません。


いつも停める駐車場にはかろうじて停めることができましたがお昼頃には満車状態でした。 平日だったせいか小さい子ども連れの家族は少なめでした。この土日凄い混みそうですね。



先日テレビで紹介されてた歌です。


    『世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし』 


在原業平によって詠まれたものだそうです。

「この世の中に、桜というものがなかったら、春をのどかな気持ちで過ごせるだろうに 」という意味だそうです。
ほんとにそうですね。



nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -